家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >優遇金利に注意HOME > 資金計画 >優遇金利に注意
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

優遇金利に注意
yam0036-013_s.jpg
住宅ローンのシステムには様々な銀行サイドの戦略が隠れています。

先日、あるサイトで若いママさんが「頭金0、優遇金利を利用して家賃並みで家を買いましたよ、皆さん今がチャンスです」という書き込みがありました。

新聞などのチラシにも「家賃並みでローン返済、月々・・マン円」と書いてあるのを見て、「え、安いじゃないの、これなら我が家もマイホームを・・・」と思いがちですですよね。

さっそく物件見学、営業マンに「お客様は2%の金利ですが1%の優遇金利を利用して、3000万のローンを組むと35年で月々の返済は8万数千円になります。」といわれ、「それなら今の家賃と大差ないし払っていけるわ」となり、トントン拍子に話は進み物件購入。

ちょっと待った!

これは、計算しやすいように優遇金利1%を適応して3000万円を35年間借りた設定でのトリックで、1%で35年間借りられるわけではありませんよ。

営業マン説明の月々8万数千円支払いは、優遇金利の1%が適応されている期間のみでの計算で、優遇金利適応期間が過ぎれば金利があがりますので支払いが増加します。

当然現段階での金利計算ですから、優遇金利適応期間が過ぎた時に、現在よりも標準金利が上昇していれば大変な差額となり、大きなリスクを抱えることになってしまいますよ。

現在の超低金利時代が異常な状態であり、これより金利が下がることは考えられず、金利は上昇傾向にあり、過去の平均からすると4%くらいまでの上昇が想定されます。

優遇金利期間は一般的に3年間、もし3年後に金利が3%なら112,787円、4%なら128,551円に なりますよ。
金利の変動には下のサイトを参考にして下さい。

日本金融通信社・ニッキン

もし、金利が上昇しなかったとしても、優遇金利期間が終了し、標準金利に戻ったときにいくらの支払いになるか確認し、支払っていけるかどうかの検討が必要ですよ。

以前にも書きましたが銀行にとって、住宅ローンは「取りっぱぐれのない優良商品」です。
そこには、あの手この手のサービスキャンペーンにトリックが隠されています。
また、そのシステムを利用して住宅業者は「家賃並みでマイホーム購入」という夢のようなキャッチフレーズを並べます。
営業マンは大半が歩合制、販売しなければ生活に響きます。
販売するためには、「優遇金利」のトリック的な内容までは詳細に説明しません。

このように、それぞれの思惑が合致した「優遇金利キャンペーン」です、住宅販売会社や銀行の薦めを鵜呑みにせず、先々までのライフプランを検討して対応しましょう。
ライフプランの作成はこちらを参考にして下さい。

ライフプラン作成

自分で金利上昇によるリスクをコントロール出来る人には必要のない話ですが、くれぐれも「家賃並みでマイホーム購入」のチラシには、注意しましょうね。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/194-bdcca48d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。