家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >工事請負契約とは(2)HOME > 家づくりノウハウ >工事請負契約とは(2)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

工事請負契約とは(2)
brd0010-009_s.jpg
前回は請負契約の流れと、注意点を説明しましたが、今回は請負工事契約の契約書類の内容について説明します。

請負契約の書類は、工事請負契約書、工事請負契約約款、見積書、設計図書の4種類で、全ての内容に間違いがないか確認が必要です。

工事請負契約書

工事発注者、工事請負者、工事金額、建築工期、代金の支払い方法を明記した書類を2部用意し、 お互い確認して印紙を貼って発注者と請負者の欄にそれぞれ署名、捺印、割り印をします。一般的には契約印紙代はそれぞれが負担します。

請負代金の支払いは、契約時、上棟時、引き渡し時の3回に分けそれぞれ3分の1づつ支払うのが一般的ですが、発注者の資金計画や状況によっては対応をしますから事前に確認しましょう。

工事請負約款(やっかん)

契約約款という耳慣れない言葉ですが、要は契約書に記載されたいない細々とした工事の約束ごとが書かれていまが、特に注意する点を説明します。

約款上の注意点

1,瑕疵担保責任(10年保証)の明記と確認。

  10年保証は義務付けられていますので、その他の部分の保証などを確認しましょう。

2,工事遅延金の明記の確認

  一般的には引き渡し日から遅れると、請負代金に対し、遅延日数 X1/1000を支払う
  というのが多いです。
  発注者が支払いを遅れても違約金が同じ条件で発生しますから注意して下さい。

3,発注者からの契約解除

  約款には、発注者はいつでも契約解除が出来ると明記されてありますが、工事が出来て
  いる部分は支払いが発生します。
  現実には相当の理由でもない限り、契約解除は出来ないと思って下さい。
  また、途中で契約解除をした建物を、他の業者が請け負うことは、よほどのことでもない限り
  いないと思って下さい。(資金繰りに困っている業者など)

4,不可抗力による損害  

  天災(風水害、地震)、延焼、第3者による損害の場合ですが、一般的には工事保険に対応
  した金額 の不足分を双方協議とする例が多いです。

5,第三者傷害

  工事中に工事関係者以外の第三者(通行人など)にケガをさせた場合は請負業者側が責任を
  負うのが通例です。

工事請負約款は普段聞かない言葉ですし、一般的に十数カ条もあり業者側もさらっとしか説明しない場合や、後で読んで下さいなどと言って渡すだけの業者もいるそうです。
面倒くさがって、よく確認しないと悪徳業者はトラブル対策に、業者側の都合のよい内容になっている場合もありますので必ず請負約款を確認後に捺印するようにしましょう。

設計図書

設計図書は打ち合わせ用の基本設計図と違い、実施設計図と仕様書、仕上げ表などを言います。
一般的には確認申請提出図面+それ以外の詳細図面で、10数枚から20枚程度ですが業者によって枚数は異なります。設計図書には次のような図面があります。

敷地面案内図、敷地面積求積図、建物面積求積図、配置図、平面図、立面図、断面図、
矩形図、展開図、基礎図、建物構造図(工法によって内容が異なる)、壁量計算書、電気配線図、
ガス配管図、水道配管図、仕上げ表、特記仕様書、設計概要書、部分詳細図、などです。

これらの図面は契約時に全て用意する場合や、工程に沿って用意する場合など業者によって違ってきます。
契約時に不足だと思う図面は、いつまでに用意されるのか確認しましょう。
また、契約時点で図面化されていない、打ち合わせ事項も設計図書となりますので、書類化してもらいましょう。

工事請負契約は、楽しかったモデルハウス見学、間取りや外観計画の流れと違って、書類細部をよく確認しなければいけませんから注意して下さい。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/203-60316355
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。