家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >妥協だらけの家づくりHOME > コラム >妥協だらけの家づくり
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

妥協だらけの家づくり
b21bozzit082_20080723230156.jpg
「妥協しない家づくり」というキャッチフレーズの広告を見かけることがありますが、まったくのウソですね。
妥協なしに家を建てることが出来るのは、湯水のごとく予算を出せる人くらいで、現実には「妥協だらけの家づくり」になりますよ。

家づくりを考え、モデルハウスや住宅雑誌をみて間取りなどを家族で描き、様々な思いや夢を膨らませていても、いざ始まってみれば、限られた予算、限られた敷地、法律の規制、近隣の住環境などの制約が待っています。
これら全てを満足させ、妥協しない家づくりはすること事態、ムリと言えましょう。

「妥協しない家づくり」などという夢物語を考えるよりも、「上手に妥協する」家づくりを考えた方が、納得できる家づくりと言えましょう。

以前、私のお客さんで、家づくりに対する理想が高く、様々な提案をしても納得されず、かれこれ半年近く基本計画の打ち合わせだけで、私のもとを去ったお客様がいました。

その後、他の設計事務所やハウスメーカー、工務店などを転々と3年近く打ち合わせのみで渡り歩き、地元の業界では有名になってしまい、業者側もだんだんと相手にしなくなっていったみたいです。

最近、その方がローコストメーカーで家を建てたと言う話を耳にしました。
「結局そのへんに落ち着いたか」などと、同じように振り回された設計士と話していたら、契約したローコストメーカーとトラブルとなり、完成後5ヶ月近く経っても入居していないそうです。

足かけ4年近く各社を転々と打ち合わせして歩き、当初の予算は物価上昇で目減りして、ローコストメーカー、それでもやっと「ついのすみ家」が決まったかと思ったら、これでは「悲劇」としか言えませんよね。

この例は特殊なケースかもしれませんが、「上手に妥協する」という考えがないと、まとまるものもまとまらなくなっていまいます。

家づくりの上で、最も妥協を求められるのが「予算の制限」だと思います。
あなたの予算は限られているはずです。その中で何にこだわり、何を妥協するかを求められますよ。

「予算の制限」に対する考え方としては、あなたが選択したものに対し「費用効果」があるかどうかの検討が必要でしょう。

見た目の豪華さに惑わされることなく、その商品の機能は十分か、耐久年数は、十分に使いこなせか、・・・などといったことを考えましょう。
「費用効果」を考えず背伸びしてムリをすると、厳しいローン生活の現実が待っていますよ。

また、家を建てたからといっても、現在までのライフスタイルを大きく変化できるものではありませんから、新しい家に入ったら、あれもこれもと夢を詰め込み過ぎるのも考えものです。

これから家を建てる方には、夢を壊すような内容となってしまいましたが、家を建てた方の多くは「その通り」とうなずいているでしょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/205-ac209909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。