家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >外部デザインHOME > 住宅設計 >外部デザイン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

外部デザイン
jut0030-002_s.jpg 建物の全体デザインは、平面計画に添った立体に屋根を架けて決まります。
雨の多い日本では、古来より軒先や庇を深くしてきました。
近頃は「雨宿り」の出来る家も少ないですね。

深い軒先は、夏の日差し避けにも効果を発揮するとともに、外壁材(木材、塗り壁)を保護する役目もはたし、建物に陰影を与え、一つのデザインとして受け継がれてきました。

最近は、外壁材の進歩と多様化により、軒先は短くなってきましたが、軒先を短くすることにより、屋根構造材、仕上げ材の量が減り原価低減できるのが、大きな要因でもあります。

コスト競争が建物のデザインを変化させつつあります。

しかし、このような変化の中に新しさを追求し、しゃれた新しいデザインも生まれています。


建物のデザイン要素は、次の項目が考えられます。

1、屋根形状

2、外壁材の、素材と組み合わせ

3、外部色彩

4、窓、開口部のデザイン

5、建物の陰影(光と陰のデザイン)


日本では現在の住宅建築を様式別にすると、次のように大別できます。

1、伝統和風住宅

2、現代和風住宅

3、北米風住宅 (輸入住宅に多く、北米の過去の様式が多い)

4、北欧風住宅 (スウェーデン、フィンランドなど)

5、南欧風住宅 (スパニッシュ、プロバンス風など)

6、インターナショナルスタイル(国籍不明)様式とはいえないかもしれないが、
  このスタイルが現在一般的に建てられ、新しいデザインも生まれています。

  but0019-013_s.jpg

建物の外観は、雑誌やいろいろな建物を見て参考にするのは良いですが、
住まいは、生活空間を自然の驚異から守るため壁をつくり、屋根を架けます。

外部デザインにばかり目がいって、生活空間計画がおろそかにならないよう注意しましょう。

  




  
関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/21-ebde2345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。