家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >木を見て森を見ずHOME > コラム >木を見て森を見ず
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

木を見て森を見ず
3_31568_90x90.jpg
今日のタイトルは木材のことを言っているのではありませんよ。
皆さんは、家を建てようとするときに様々な情報に出逢うと思います。

どこのハウスメーカー、工務店がよいか、構造はどれが、間取りは、デザインは、性能は・・・などを様々な情報のなかから選択していますよね。

最近、メールでの問い合わせで、「私の地域では高気密住宅はどの程度までの数値を考えたら良いのでしょうか」「2階のフロアー合板は何ミリ厚がお薦めですか」「サッシの断熱性能は・・・」など住宅の細部についての数値に関する質問が増えてます。

以前でしたら、このような内容は専門家である設計士が計画し内容にそって検討すべきことなのですが、設計内容を検討する以前に様々な情報が入り込んでしまっているみたいですね。

このような皆さんは、住まいに対して良く勉強していますが、内容を確認するとまだプラン段階での話でした。

様々な情報に惑わされ、プラン段階から数字や数値にこだわりすぎてはいないでしょうか?

確かに数字や数値にこだわるのも大事ですが、プランづくりの段階で大切なのは、ライフスタイル、家族構成、将来設計、近隣住環境を考え、いかに「使いやすく快適な住空間」を造るかということと思います。

例えばプランの検討では、リビングをどのように使用するのか、収納スペースは不足ないか、家族の動線が複雑でないか、通路は適切な広さか、将来を考えて部屋の大きさは・・・など基本的な構想を固めることが、住まいづくりには最も重要です。

生活空間の全てを時間をかけて「使用目的」を良く考え、何を優先し、何を捨て去り、絶対にこだわって譲れないものは何かなど、考えることは山のようにあるはずです。

このような考えで基本プランを固めてから、基本プランに沿った内容で構造やデザイン、各部の仕様、材料、設備、・・・などを設計士の提案で検討すれば良いのです。

多くの住宅情報に惑わされ、プラン段階から蛇行運転状態ではプランを考える時間がアンバランスと言えますし、視点は「木を見て森を見ず」の状態です。

また、いろいろな人に相談することも大切ではありますが、最終判断は自分でしなければいけませんよ。
多くの意見を取り入れ過ぎて「船頭多くして船山に登る」状態にはならないようにしましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/219-27fc3f22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。