家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >外部色彩HOME > 住宅設計 >外部色彩
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

外部色彩
jut0031-002_s.jpg
建物の外部色彩を決めるのは、その家の「顔」を仕上げることになります。

身の回りの物や、ファッションの色彩にうるさい方でも、特に大きな面積の色を決めるのはむずかしく、経験のない人が多いですよね。
色彩はボリュームによって大きく表情を変えますから注意しましょう。



■ 色を決める注意点

1、色は面積が広がると明るく見える!

  外壁をサイディング、パネル、タイルなどで仕上げる場合、写真だけでなく大きめのサンプルを
  提出してさせる。

  現場塗装や塗り壁仕上げの場合、50センチ角くらいのベニヤ板などにサンプルを作ってもらう。
  サンプルは、2~3枚くらい(多いと迷います。)

2、サンプルは、室内で見ない!

  建物の色は、必ず太陽光の下で見てください。

  室内灯と太陽光では、色が微妙に変化します。

  太陽光は、朝・昼・夕で変化しますので、なるべく日中に見てください。

  出来るだけ、建物が「一番いい顔」になる晴天時に見ましょう。

3、建物のアプローチを考える!

  北側からアプローチする建物は、日陰でサンプルを見るようにしましょう。

  太陽光は、日向と日陰で見える色の濃度が変わります。

  東西南北、メーンとするアプローチに合わせてサンプルを見ましょう。

4、外壁材の表面質感を考慮!

  外壁材の表面が平滑か凹凸かによっても、色は変化します。

  平滑な面は反射により色は面積が広がるほど明るくなり、凹凸の面は色が乱反射により
  沈みます。

  凹凸による柄・パターンがある場合、柄・パターンの大きさも考えて検討してください。

5、距離を取って見る!

  サンプルは立て掛け距離を取って見、色が建物全体に広がったイメージを想定して見てください。

6、全体バランスを検討!

  外壁のサンプルばかりでなく、屋根、窓、アクセント部・・・との配色、バランスを検討します。
  屋根材、窓、アクセント部などを先行して決める場合が多いので、それらの色を決めるときに、
  外壁の配色イメージを考えておくことが大切です。

but0022-013_s.jpg
以上のことに注意しても建物の色を決めるのはむずかしいです。

いろいろな住まいの外観を見て、気に入った外部色彩を参考にして、自分の家をイメージするのは良いでしょう.

そのときに注意したいのは、気に入った色でも建物の経年変化により、太陽光で日焼けした外壁の色と全く同じ色は出せません

また、塗装や塗り壁の場合、仕上げ当初は水分を含んでおりサンプルの色より、明るく見えます。

住まいはそこに住む人と共に、四季を経過していきます。

新築時の外壁色彩だけを考えるのではなく、時の流れを考え飽きのこない配色をおすすめします。

  




    
関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/22-24ea6b01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。