家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >雨漏れが・・・HOME > 住まいの情報 >雨漏れが・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

雨漏れが・・・
3_50665_90x90.jpg
今年の夏は「ゲリラ豪雨」という新しい言葉が生まれ、流行語大賞の候補になりそうなほど何度も聞きましたよね。

「ゲリラ豪雨」や大型台風の襲来といった環境の変化が、家づくりの雨漏れ対策にも影響を及ぼしつつあります。

法律で義務つけられている10年の瑕疵(かし)担保保証でも、「構造体と雨漏れ」に対しての保証と、雨漏れに対して特別な扱いをしています。

家造りが環境の変化、デザインの重視、コストダウンによる施工精度への影響・・・などで、雨漏りに対するリスクが増えているような気がします。

先日見たあるサイトの「雨漏れの原因と対策」の記事で、サッシ廻り、外壁貫通パイプ廻り、外壁と庇、シャッターボックスの周囲のシーリング処理の「問題と処理方法」が出ていました。

適切な対策が書かれてありましたが、現在の住宅はシーリングに頼りすぎる家が多すぎるような気がします。
シーリング処理を指摘する以前に、外壁仕上材の下地防水シートの施工が問題となるでしょう。
シーリング部から、雨が侵入しても下地防水シートの施工がしっかりしていれば、雨は室内までは侵入せず、各部の水切り部から流出します。
シーリングは太陽光などで長年には硬化し劣化しますし、地震などでの亀裂が考えられますから、下地防水シートの施工が特に大切になります。

しかし、現状では防水シートの重ね寸法不足や破れ、隙間などが見られるが現場が多くありますよ。

雨漏れの一要素として、デザイン面は軒や庇が短く風雨に弱いのが多く、ローコスト化、工期縮・・・など様々な要素が、基本的問題をないがしろにして、外壁最終段階のシーリング工事に頼っているように思われます。

私の設計した建物でも雨漏れした経験があります。

既存住宅の2階居室とベランダ部の増築工事で、ベランダ増設部から雨漏れしました。
施工業者はベランダ防水部を再施工しましたが、半年ほどしたら同じベランダの別の箇所から雨が侵入しました。
施工業者は、既設と新設部の構造材の収まりが複雑に取り合っているため、地震などでまた同様の問題が考えられ完全に直す自信がないと言っています。
これには困ってしまい、完全に雨漏れを止めるには「ベランダに雨が当たらないようにしましょう」と施主と話合いアルミ製の庇を設置したところ問題は解決しました。

大型台風時などでは、教科書通りの仕事をしていても、雨が漏水対策箇所を乗り越えて侵入した例もあります。

また、10年保証を過ぎて雨漏れした場合の問題などは経年変化として考えますが、このような例もありましたよ。

建築後12年間雨漏れしなかった家が、隣家が空家となり解体しました。
その後、雨の降ったときの風向きで少々の雨でも雨漏れします。
原因を調べて見ると、外壁のサイディングがゆがんで、シーリング部から雨が侵入しています。
外壁下地の施工が悪く、建築当初からの問題ですが、隣家との距離が狭く完成検査時は気づかず、 隣家が風除けになって雨漏れがしなかっただけでした。

幸い継続存在する地元業者の施工だったので完全に補修し、施主は大きな問題とはしませんでしたが、大手ハウスメーカーだったらどのような対応になるのか、考えさせられる事例でした。

このように、住宅施工会社にとって、雨漏れ対策は永久の課題といえますし、雨漏れがあった施主は心に大きな傷として残ります。

施工者としては、雨漏れが起きたら即対応することは当然ですが、施主の心のケアも考えたお付き合いが必要でしょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/226-b47d9caa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。