家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >第4の照明LEDHOME > 住まいの情報 >第4の照明LED
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

第4の照明LED
120_46001.jpg
地球温暖化問題により、日本では2012年までに白熱電球の製造販売中止が決定しましたが、世界各国でも白熱電球を蛍光灯に切り替える動きが活発化しているそうです。

こうした動きの中で、ろうそく、白熱電球、蛍光灯に次ぐ第4の人口照明として、LED(発光ダイオード)が注目を集めています。

LEDは白熱電球や蛍光灯と異なり、電気エネルギーを直接光に変換します。
今までに赤色、緑色、青色が開発され、白色光の開発も実現し照明への応用利用が活発になりました。

LED は熱に弱く高温になると発光効率が落ち、120~150℃が使用限界で、現在は器具に放熱機器を付けて使用しています。

現在 LED シェアの約50%が携帯電話のバックライトに使用されていますよ。

LEDの特徴は「省エネ」「長寿命」といった点があり、40~60W の白熱球と比較してみるとLED の消費電力は1/7程度で、白熱球 2000 時間に対して約4万時間になるというメーカーの報告です。

このように省エネには絶大な効果を発揮するLEDですが、器具自体の価格が高いという問題があります。

東芝ライテック社の報告では、白熱球と LED のイニシャルコスト+ランニングコストを比較するのに、2.7m立方の部屋の床に同等の照度を確保する条件で実験したところ、10 年間想定で5年を越えたところで LED が安くなったそうです。
価格の他にも発光率の向上という問題もありますが、効率の問題は確実に改良されつつあるそうです。

LED 照明は改良され、ダウンライトなど多くの種類が商品化され、従来の白熱電球と交換出来る電球型 LED も発売されていますよ。

しかし、コスト高が響き商品市場はいまいち伸びておりません。
(NPO 法人)LED 照明推進協議会では、白熱電灯、蛍光灯といった従来光源との交換が進み、全てを LED で代替したとすれば、国内だけでも約1兆円規模の市場になると想定しているそうです。

そこまでの市場拡大は理想論で、白熱球との交換が進めば大きな市場とはなるでしょうが、私たち一般庶民しては、市場拡大に力を入れるよりもコストダウンに力を入れてもらいたいし、コストダウン化できれば現代社会に欠かせない照明ですから、自然と大きな市場が待っているでしょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/227-9dcef7e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。