家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住まいの防犯対策HOME > 家づくりノウハウ >住まいの防犯対策
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住まいの防犯対策
120_45997.jpg
最近は大変に物騒で、家に鍵をかけて防犯対策をしたつもりでも、狙う方もいろいろな研究をして様々な道具や様々な手法で、住宅侵入の犯罪が起こっていますよ。
2003年をピークに住宅侵入の件数は減少傾向ですが、逆に検挙率は犯罪が組織化、巧妙化して 低下傾向にあるそうです。

狙われやすい家

どのような家が狙われやすいかというと、高い塀や多くの樹木などで侵入者が潜むに便利な家、玄 関ドアや窓が通りから見えにくい家、が多いというデーターとなっています。
また、高いところの窓やベランダなどから侵入するケースも多く、雨といや、電柱、ガレージ屋根などの侵入足場がある家も狙われるケースが多くなっていますよ。

また、長期不在の家は侵入者には格好の家となっています。
新聞、郵便物が郵便受けに大量にたまっていたりすると一目瞭然ですから、新聞配達の停止などの 注意が必要です。
電気メーターも検針に便利なように道路から見える家が多いですが、メーターの動きから留守を察知しますから外から見えない位置に設置することが大切です。

侵入の手口

侵入には留守を狙う「空き巣」、家人がいても無人の部屋を狙う「居空き」、夜間の寝静まった頃を狙う「忍び込み」の3種類ですが、「空き巣が」圧倒的に多くなっています。
侵入時間帯は昼間が多く、買い物に行ったりのわずかの留守が狙われやすいようですよ。
侵入経路は、玄関、勝手口、ベランダ、居室の窓、浴室の窓などに分けられますが、最も多いのが居室の窓からです。窓に鍵がかかっていても「ガラス割り」で侵入する例が多いそうです。
玄関ドアや勝手口は、針金やピンなどで開ける「ピッキング」や「錠壊し」などがあり、バールでこじ開ける例もあるそうです。

防犯対策

 1、昼間に多い空き巣対策としては、ちょっとの間の留守でも鍵をかける習慣をつけましょう。

 2、普段から近所とのコミュニケーションも大切です。
   近所にどのような人がいるかを知っておき、見知らぬ人がいたら声をかけるのも大切です。

 3、建物周囲の塀、植栽は出来るだけ低くし、通りから見えにくい構造にしないようにする。

 4、よく吼える番犬は侵入者もいやがりますが、「猛犬注意」のステッカー1枚でも防犯効果が
   あります。他に、暗いところで少しでも光が当たると反射する防犯シールなども効果があります。

 5、玄関錠は基本的に防犯性能の高い錠を付けるか、補助錠を複数付けるのが良いです。
   暗証番号式電気錠などの壊しにくい錠もあります。

 6、窓からの侵入対策は、ガラスの防犯性をアップする、防犯ガラスの使用が効果的です。
   強化ガラスや網入りガラス、ペアガラスは普通ガラス同様簡単に破壊されてしまいますから、
   このようなガラスを使用している場合は防犯フィルムを貼ると効果的です。

 7、窓用住宅サッシは主錠と補助錠が標準で付いていますから、普段でも両方の鍵を使用する
   ように心がける必要があります。

 8、面格子は壁に後で付ける後付タイプは、ドライバーひとつで簡単に
   はずされてしまいます。
   サッシ一体型が安全ですし、格子のデザインが複雑なほど防犯性は高くなります。
   面格子は、トイレ、浴室、洗面所などの水廻りで多く使用され、留守にするときに窓を開け
   て換気していても安全と思いがちですが、逆に狙われやすい場所なので注意しましょう。

 9、雨戸は一般製品では、防犯性能はほとんどないといえます。
   メーカー側も雨戸で防犯性能を特化した製品はありませんから注意しましょう。

10、窓シャッターは、手動式の標準品は意外と簡単に破られてしまいます。
   手動式の場合、防犯を重視した製品を選ぶようにしましょう。
   電動式の施錠がしっかりとしたタイプは防犯効果が高いといえます。

11、1階だけでなく、2階以上の窓でも侵入足場があるような場所は1階同様の防犯対策が
   必要です。

侵入者は、鍵や窓を壊して侵入するまで5分、侵入して物色に10分といわれています。
都市防犯センターの資料では、侵入をあきらめるケースは5分を超えると約7割の泥棒が侵入をあきらめるデーターが出ていますので「5分を耐える」防犯対策が大切になりますよ。

特殊防犯設備

i4_5.gif
1、最近は工事を行わなくてもドアや窓に簡単に取り付けら
  れる商品が多く出ています。
  ガラスが割れると発生する高周波を感知して警報音が
  鳴り響く「ガラスセンサーアラーム
  ガラスが破壊されたときの振動を検出する、
  「マグネットセンサー」や、熱線センサーが玄関や
  勝手口の侵入者をキャッチし、アラーム警告
  をする「ドアアラーム」などがあります。このような商品は
  図のようなマークが表示されているのが信頼出来ます。

    詳しくは電気業者や専門店で調べてみましょう。

2、人が近づくとセンサーで感知し自動点灯、撮影を開始し不審者を光と音で警告する
  「センサーライト付きカメラ」、インターフォン設備と連動した「防犯カメラ」などの商品があります。
  (ダミーの防犯カメラは、プロの犯罪者には簡単に判別できるようですから、過度の防犯効果への
  期待は禁物です)
  インターホンは、防犯カメラ同様に高価ですが、防災センサー連動や電子錠などの便利な機能も
  あるので、トータルで考えると割安感がありますよ。

3、ホームセキュリティーシステムは、住宅に取り付けた各センサーが異常を感知すると警備員が駆
  けつけるシステムです。会社によって、システムや警備員が駆けつけるまでの時間から料金まで
  違ってきます。設置する場合は条件をしっかり比較し、最も効果が高いサービスを選びましょう。

4、警備会社への通報だけでなく、住宅内ので音や光を発すると、たいての侵入者はあわてて警備
  員が駆けつける前に逃げてしまうことも考えられるので、警報で追い払うことも大切です。

侵入犯罪の手口が巧妙に変化すると共に、防犯機器も日々進化していますから、防犯機器による対策は最新の機器で比較検討することが重要といえます。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/228-09e8eb50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。