家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >業者主導の家づくりHOME > 家づくりノウハウ >業者主導の家づくり
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

業者主導の家づくり
2_jupiter00726_90x90_20080420114412.jpg
家づくりをするにあたって、業者選択は皆さん大変頭の痛い問題ですよね。
住宅業界では多くの住宅会社がひしめいて、しのぎを削っています。

マスコミやネット上でも、住宅会社の夢あふれるキャッチコピー、逆に家づくりに対する不安感をあおり、安心感を与えるキャッチコピーなどの、住まいに対する数多くのセールス文句が出ていますよね。

でも、自社の不利になったり、商品の欠点を表現した宣伝はどこにもありません。
家つくりといっても住宅という商品の販売です。
そこは営利を目的とした企業の宿命であって当然といえます。

でも。あまりにも選択肢が多すぎないでしょうか?
どこから取り組んでよいかわからず、まずはモデルハウス見学、でもこの時点から「業者主導の家づくり」が始まってしまいますよ。

以前ブログの「モデルハウスの戦略」でもかきましたが、モデルハウスはハウスメーカーにとって、最も優秀な営業マンであり集客マシーンです。
モデルハウスを見るときは、どのような構造か、自分たちの予算ではどこまでの家ができるのか、・・・などを念頭に置かないとで見に行くと、ハウスメーカー営業マンの美味しい「カモ」になってしまいす。

モデルハウスでアンケートに答え数日後には・・・

「00ハウスです、ちょっと近所に寄ったのものですから、その後、家の計画は進んでいますか?参考になる資料をお持ちしました」

また、別な業者が「今度、近所で現場見学会を行いますから、是非来場して下してください」

「土地をお持ちでしたら、現地調査も設計プランも無料です、土地・家セットでお探しでしたら良い物件もありますよ」といった具合にだんだんエスカレートしていきます。

人によっては、営業マン攻勢でノイローゼになってしまう人もいるのです。

でも、誰も教えてくれなかった家づくり、結局は相性の良さそうな営業マンの住宅会社か、企業ネームバリュームの安心感で決定といった方が多いのが現実です。

相性の合った営業マン、間取りの打ち合わせから、銀行ローンの選択、ローン審査の提出と返済シュミレーションと次から次へと一生懸命にやってくれます。
この時点で皆さんは自分たちの家づくりにのために、良い選択をしてくれると勘違いしてしまいます。

「現在の収入でしたら、銀行ローンはこれだけ借りられ、月々の支払いはこれくらい、それですと建物の面積はこれくらいで、このグレードでしたら仕様は・・・」といった具合です。

でも、ちょっと待ってください。

よく、現在の収入では銀行ローンはいくら借りられるのかを前提に家つくりを考える人が多いですよね。
家を建てる、家を買うといった時に特別な方以外は、住宅+住宅ローンをセットで購入するのです。

長い年月の住宅ローンと莫大な金利が付いてきます。

これを考えると、現在の状況と将来のリスクを考え「いくら借りられる」よりも「いくらなら返せる」といった考えからスタートするのが大切でしょう。

ハウスメーカーの営業マンは、そのようなことまでは考えてくれませんよね。
月々のノルマ達成、歩合の成績、社内での成績のために一生懸命なのです。

建築申し込み金を払って、仮契約、設計スタートから対応が微妙に変化します。
いろいろな提案、選択肢を提出はしますが、後々の責任問題から決定権をお客様にゆだねる対応になりますよ。
もっとも、若く結婚していなかったり、子供のいない営業マンだったら、社内教育を受けていても、そのような実生活上の考えや提案はできません。

無料設計、フリープランといった内容にしても、設計事務所や工務店などの対応とは違います。
以前、ハウスメーカーの優秀な営業マンとの会話にこのような話がありました。

私が「ハウスメーカーさんはいいよね、フリープランといったて、規格シリーズがあって参考プランはいろいろとそろっているから、何プランも用意できて、フリープランも規格プランにちょっと手を加えるだけでしょう」と言うと、
「何言ってるんですか、ハウスメーカーの客だからといっても要望はいろいろありますよ。」

「しかし、3プランほど用意して、2プランはダミーで、落とし所のプランは決め手おくのです。あとはいかに予算に合ったプランに導き、納得させるのが私の仕事です、設計事務所さんのようにジックリと時間とお金をかけられないですからね。」という答えでした。

最終決定に時間をかけていると、「そろそろ本契約していただけないでしょうか?今月中でしたらサービス月間ですからこのような特典が・・・」などといってきますよ。

仮契約までは、強引な営業、以後は規格と予算に沿って選択肢を出し、お客様に決定させますまから、最終判断は自分でするので、納得もし、最後はハウスメーカー予定範囲の値引きで満足してしまいますが、実際はハウスメーカーに誘導されているのが現実ですよ。

いかがですか、このようにハウスメーカーの場合、すべての面でメーカー主導の家つくりになります。

私は、現在の住宅産業の現状からいって、ハウスメーカー主流の家つくりを否定はしません。
今後、この傾向は特定技術を持った工務店以外はますます衰退し、ハウスメーカー主導の傾向になるでしょう。

でも、あまりにも業者主導に家づくりが目に付きます。
このような傾向に対応するには、メーカーの地元で建てた方の声や評判を聞き、家づくりの知識を学ぶ準備期間が必要ではないでしょうか?

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/231-57d66173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。