家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >瑕疵(かし)担保保証履行法HOME > 家づくりノウハウ >瑕疵(かし)担保保証履行法
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

瑕疵(かし)担保保証履行法
EH001.jpg
2009年の10月1日に住宅瑕疵担保履行法が全面施行されます。

瑕疵(かし)とはキズや不良部分を意味し、現在は「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づき、住宅の「主要構造部分の瑕疵」について10年間の瑕疵担保責任を負うこととされていますが、施工会社が倒産などで存続不能になった場合、責任は消滅してしまう状態だったのです。

これを住宅施工会社に疵担保責任保険への加入を法律で義務化し、施工会社が存続出来なくなっても保険会社が他の会社で瑕疵担保責を担うシステムです。

現在は先行して業務を行っている保険法人が4社で、あと1社、保険法人の指定を申請中の企業があります。

しかし、保険の義務化を知らない住宅事業者もまだ多いようで、直前になって加入申し込みが殺到することで混乱が起こる恐れも考えられます。
07年の改正建築基準法の施行直後、建築確認審査で生じたような停滞が、保険の申し込みで起こることも考えられますよね。

この法律は、施主や買主を保護する意味では、大変良いとは思いますが、業者は瑕疵担保責任を履行するための資金確保措置として保険に加入するか供託金用意が必要です。

供託金の場合1戸で2000万、100戸は1億円、5000戸で約3億の供託金ですから、大手業者が利用するようになるでしょう。 その他の業者は保険加入で対応するようになります。

まだ、情報が不足のせいか、ある工務店などは「この不景気にこのような法律をつくられたのでは、また負担が大きくなってしまう・・」と言っていましたが、中小住宅会社にとってこそ良い法律ができたと思います。

現在の不景気で、中小住宅会社に依頼しても「先々の存続が大丈夫か、もし倒産したらアフターは?」と考えている人が多いのです。
そのような不安感を取り去る上で、「住宅瑕疵担保履行法」は中小住宅会社にとって大いにプラスになるでしょう。

現在先行して業務を行っているところを広く知らしめることも重要です。
そうでないと、着工前に保険加入するシステム、知らない業者は加入せず法施行後に引き渡したら、法適用対象外ということも考えられます。

とにかく「施主や買主を保護する法律」の新保険法人が、単に役人の天下り先にならないよにしていただきたいです。



  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/232-f8ee0863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。