家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住まいのサッシHOME > 家づくりノウハウ >住まいのサッシ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住まいのサッシ
3_43488_90x90.jpg
一般的に住宅用サッシは、アルミサッシ、樹脂サッシ、木製サッシがあります。
アルミサッシは価格も安価で種類も豊富にあり、わが国では住宅用サッシとして、一番普及しています。
価格の点では、アルミサッシ、樹脂サッシ、木製サッシの順に高くなります。


日本においては、北海道地域で樹脂サッシの普及が90%を示しています。
海外に目を転じてみると、資料は古いですがいかに日本の住宅がアルミサッシの普及とともに成長してきたかがわかると思います。

アルミサッシ


   (出典:(財)日本住宅・木材センター 木製サッシ市場実態調査報告書1989年)

現在は外国でも樹脂サッシ、アルミサッシの普及が伸びて、北欧、北米では約65%が樹脂サッシの普及率だそうで、アルミと木製サッシが残りを折半している状況だそうです。

アルミサッシ

古来からの木製建具は、雨仕舞、気密性の良いアルミサッシの出現で一気に住宅外部用建具の主流となりました。
現在、アルミサッシはカラーヴァリエーションも増え、デザインも輸入住宅などの影響から多様化し、メーカー各社の独自色などで、差別化の動きが出ています。

特にアルミサッシの魅力は、工業製品の向上により多くのデザイン対応種類と、他のサッシに比べ価格の安い点でしょう。
当初のアルミサッシには「水密性」「気密性」「耐風性」が特に要求されていましたが、居住空間の快適志向のニーズと共に、「断熱性」「遮音性」「防犯性」「バリアフリー性」などが要求されています。

また、アルミニウム合金の熱伝導率は(200w/㎡・k)と高く、断熱性には不利な点を複層ガラスや二重サッシなどで対応してきましたが、樹脂サッシに対抗して、室内側に樹脂をコーティングした複合構造のサッシも開発されました。
現在ではアルミ部材の中間部に樹脂材を挟んで断熱する「アルミ熱遮断構造」が開発され、アルミサッシに見えても高い断熱性能を有する構造となっています。

アルミサッシは工場で大量にフレームを作り、地域代理店が加工、組み立てをして現場で設置します。
これにより、代理店の加工、組み立て精度、現場でのサッシ取り付け枠の施工精度によっては雨仕舞に問題が発生する場合もあります。

樹脂サッシ

樹脂サッシは樹脂材の熱伝導率(0.17w/・㎡k)という数値から、北海道地域を主として普及していましたが、特に気密性と結露防止・遮音性が高く、ペアガラスとの組み合わせで高断熱・高気密住宅の普及と共に、暖冷房効果の高いサッシとして、広く全国に広がりました。

当初のカラーはホワイト色のみでしたが、最近はカラー商品も出回っています。
樹脂サッシのフレームは一体成形品なので、アルミサッシよりも手間がかかり、規格品でも受注生産体制が一般的です。

樹脂サッシはサビが全く発生しないので、沿岸部の塩害対策としては適した商品です。
しかし、熱に弱いという難点があり、準防火地域、防火地域対応の住宅用樹脂サッシもありますが、形状は限られているのが現状です。

木製サッシ

木製サッシは、輸入住宅などで見られる木製枠の屋外部にアルミを被覆した木製サッシ、ログハウスに見られる純粋木枠サッシ、伝統和風住宅の高級仕様に対応した木製サッシなどがあり、どちらかというと高価な「こだわり商品」といえましょう。

木製サッシの熱伝導率は樹種によって違いますが(0.09~0.19w/㎡・k)と大変に低く、樹脂サッシと同じ効果が考えられますが、火に弱く市街化区域の宅地(延焼のおそれのある部分)では、外部をアルミ被服した商品に使用は限られます。

また、純粋木製サッシの場合は、雨仕舞の水切りを別工事として施工が必要ですから、木製サッシの収まりや施工には注意が必要ですし、メンテナンスの面で木部の塗装が数年ごとに必要となります。

住まいのサッシは、このような各種のサッシと雨戸、シャッター、面格子、などの窓周り商品で構成されます。
サッシは外部デザイン上も、おおきな要素となっていますから、あなたの好みのサッシで住まいの外観を上手に演出してください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/239-b6270fde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。