家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住まいのガラスHOME > 家づくりノウハウ >住まいのガラス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住まいのガラス
3_56249_90x90.jpg
ガラスはケイ酸塩を主成分として古くから作られ、種類や数え方によっては数千種類にもなり、光字ガラスだけでも、屈折率や分散の違いを厳密に分けたガラスが数百種類も作られ使われています。

現在の住まいの窓などにも多くの種類のガラスが目的に応じて使われていますよ。

ガラスの種類

 1、フロート板ガラス

   住宅の窓ガラスとして標準的に使用される一般的なガラス。

 2、スリ板ガラス

   フロートガラスをスリ、白っぽく曇ったガラス。
   (最近は少なくなりましたが、曇りガラスといった方がわかる人も多いです。

 3、型板ガラス

   片面のみ凹凸があり、ザラザラしていて不可視のガラスで、浴室、洗面所の窓などに
   多く使用されます。

 4、網入りガラス

   ガラスの中に、金網、又は金属線を封入した硝子で、防火と飛散防止を目的としており、
   防犯効果は期待できません。
   準防火、防火地域などやトップライトのガラスとして多く使用されます。

 5、複層ガラス(ペアガラス)

   二枚のガラスに中間層を設け、断熱性を高めたガラスですが、防犯性はありません。

 7、合わせガラス

   2枚のガラスの間に中間膜を設け、強度を高めたガラスで、一般的な防犯ガラスとして
   使用されます。   

 8、合わせ複層ガラス

   複層ガラスの片側または両側に合わせガラスを使用したもので、断熱性能に優れている
   とともに、合わせガラスの中間膜を厚くしたり、ポリカーボネート板などを挟んだり
   防犯性能をより向上させたものがあります。

 9、真空ガラス

   真空の熱を伝えない性質を利用して2枚のガラスの間に真空層を設けたガラス。
   一枚ガラスの約4倍、一般的な複層ガラスの約2倍の高断熱性能を発揮し、
   厚さも従来の複層ガラスに比べ薄く、専用のサッシやアタッチメントを必要としないから、
   新築はもとよりリフォームにも容易に使用する可能。

10、熱線吸収ガラス

   通常のガラスの原料に微量の鉄、ニッケル、コバルトなどの金属を加えた色ガラス。
   透明ガラスに比べ、より多くの太陽放射エネルギーを吸収し、赤外線や可視光線、
   紫外線などを線源の透過を適度におさえる性能をもっています。

11、線反射ガラス  

   フロート板ガラスの表面に反射率の高い金属酸化物の膜をコーティングしたもので、
   太陽熱を反射し、冷房効果を高めると共に、鏡面効果で周囲の風景をあざやかに映し出します。

   この効果をさらに高めて物に高性能熱線反射ガラスがあります。

■ その他の住宅用特殊ガラス

 1、Low-E 入りガラス

   Low-E 入りガラスは複層ガラスに断熱特殊金属膜をコーティングしたもや、アルゴンガス
   を注入したものなどがあります。
   夏は、地面から照り返す熱(輻射熱)をカットし、冬は太陽光を取り入れながら、
   室内の暖房エネルギーの流出を防ぎ室内の暖かさを保ち、結露抑制、UVカット、
   省エネなどの効果があります。

 2、ガラスブロック

   ガラスブロックは荷重のかからない壁面を、明かり取りに使用するのには最適です。
   最近は単体ブロックを、外壁に明り取りやアクセントとして埋め込んだりする建物が
   多くなりましたが、複数のブロックを使用する場合は、専用のフレームや特殊施工技術、
   雨仕舞処理が必要ですよ。
   先日もあるサイトで「ガラスブロックがホームセンターで安く売っていたから、外壁に明り
   取りに付けようとして10個ほど購入し、業者に施工をお願いしたらとんでもなく高い見積が出た」
   と怒りの投書がありましたが、ガラスブロックはホームセンターでは1個200円程度ですが、
   外壁に10個組み合わせて施工する場合は10万以上の施工費が一般的ですから
   注意しましょう。

 3、ステンドグラス

   ステンドグラスは鉛で型取ったデザインや絵に着色板ガラスをはめ込んだ、大変おしゃれな
   ガラスですよね。
   室内のワンポイント効果として楽しんだり出来ます。
   外壁に付ける場合は、外部にアルミFIXサッシを付け、内部に木枠を設置して取り付けるか、
   アルミサッシと一体加工して設置しましょう。

住まいに使用出来るガラスの種類って大変多いですよね。私も書いていて、これほどあったかと、あらためて驚きました。
ガラスの性質と機能に応じて、ガラスをメーンテーマにした住宅の設計も、面白いかもしれませんね。

  





 
関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/240-e7e45f7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。