家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住宅ローン返済計画HOME > 資金計画 >住宅ローン返済計画
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住宅ローン返済計画
3_51240_90x90.jpg
住宅ローンは返済期間も長期に渡り、借り入れ金額が大きいから、返済方法によって返済総額に大きな差がでてきますよ。

ローン返済の種類には、「元利均等返済」と「元金均等返済」があります。


それぞれに特徴があり、毎月の返済額・返済総額が大きく異なってくるので、自分の生活設計に合った方法を選択するようにしましょう。

元利均等返済

元利均等返済は、毎月の返済額が一定になるように、元金分と利息分の割合が変化するもので、返済当初は元金分に比べて利息分の割合が高くなります。
初期段階では、元金分がなかなか減りませんが、毎月の返済額が一定ですから返済計画の立てやすい返済方法といえるでしょう。

元金均等返済

元金均等返済は、元金を返済回数ごとに均等に分割し、それに利息分をプラスして毎月返済していくというもので、返済当初は利息分が高く負担が重いですが、徐々に利息分が減り、負担が軽くなる返済方法です。

下に元利均等返済と元金均等返済の金額の違いを表に表して見ました。

    3,000万円を30年間で返済する(金利3%、ボーナス返済なし)場合
返済


■ 比較検討

それぞれを比較してみると、「元金均等返済」は、毎回同じ金額ずつ元金が減っていくので、元利均等返済方式に比べ支払利息の総額は少なくてすみますが、返済当初の負担が多いために返済計画に無理が生じる危険性もあり、安易に元金均元金均等返済が良いとはいえません。

また、「元金均等返済」は繰上返済を一部で早めに実施すれば、元金均等返済に相当するくらいまで支払利息を減らすことが出来ます。

このようにどちらを選択するにしても、年収の安定度や子供の教育費負担、突然のリスク発生なども考えて、収支を返済から10年程度先の予測しておくことが必要でしょう。

返済方法

返済方法には、毎月ごとに1回づつ返済する「毎月返済」と、毎月の返済に加えて、ボーナス支給時に割増しをして返済する「ボーナス併用返済」とがあります。

「毎月返済」は元金+利息分の借入金を毎月一回ずつ返済していき、ボーナス時の返済はありませんから、当然一ヵ月ごとの支払いはボーナス返済に比べて大きくなります。

「ボーナス併用返済」は毎月の返済に夏・冬の年2回のボーナス時にも加えて返済しますから、毎月返済に比べて、二回臨時返済が出来ますから毎月の返済額は楽になります。
ボーナス時併用返済は、毎月返済額とボーナス時返済額をダブルで返済するのが原則です。

ボーナス返済に回せる額は、各金融機関の住宅ローンで決まっていますが、一般的には借り入れ額の50%以内(10万円単位)が多いようです。

しかし、ボーナスは企業業績や景気に左右されますから、現在のように景気の先行きが見えない状況にあっては、過度にボーナス返済に依存しすぎるとリスクが高くなるといえましょう。
特にボーナスが安定的でない業種や企業などでは、ボーナス時併用返済を組まないほうが無難と思われます。

景気の先が読めない時代に入り、企業の社員給与体系も変化しつつありますから、住宅ローンの返済は、毎月の家計支出内でやりくりできる範囲に抑えておく方が、家計管理も楽になるでしょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/243-102bdee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。