家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >エコキュート工事大丈夫?HOME > 住まいの情報 >エコキュート工事大丈夫?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

エコキュート工事大丈夫?
3_10612_90x90.jpg
オール電化の商品の中で、IHヒーターと共に花形商品のエコキュートですが、先日あるサイトを見ていたら背筋が寒くなるような話が載っていました。

あるメーカーの話では、メーカー側の講習会をしっかり受けている施工店が手がける工事は、3割程度で、残りはどのような業者がどのように施工したか把握できないそうです。

この話は1メーカーの談話ですが、他のメーカーにおいても同じ状況が考えられます。

メーカー側が業者に講習会を開くということは、施工的に難易な面や、施工によってはエコキュート本来の性能が発揮できないという問題が考えられるからです。

エコキュートは2001年4月に初めて製品化されて以来、出荷台数は大幅にふえ、日本冷凍空調工業会によると、2007年9月には累計出荷台数が100万台を突破したそうです。
この数字からいうと、約30万台は講習会を受けた施工、残りは?になってしまいますよね。

経済産業省資源エネルギー庁は地球環境問題の対応として、2010年度までにエコキュートを520万台まで普及させる目標を掲げています。
ブームに乗って販売目標を大幅に引き上げるのは結構ですが、販売店業者の指導管理もしっかりしてもらいたいですよね。そうでないと、結局泣き見るのは消費者です。

この不景気の時代に、オール電化関連商品、太陽光発電商品は、新築やリホームなどで市場拡大が見込める商品とあって、様々な業種が参入していますよ。

しかし、その一方で施工に必要な資格を持たない作業者が、工事を手がけるケースが多くなってトラ ブルも増えてきているようです。

エコキュートの場合には、施工に電気と水の資格、電気工事士と給水装置工事主任技術者の資格が不可欠ですよ。
また、オール電化リホームでガス給湯器などを交換する場合は、内管工事士などの資格も必要になります。

特に多いトラブルは、エコキュートのヒートポンプユニットがエアコンの室外機に似ているから、水道工事の経験のない電気工事店の作業者が、エアコンのガス配管を接続する要領でヒートポンプ配管の工事をしてしまい、配管から湯が漏れ出したという例です。

このような内容から、現在施工済みのエコキュートに施工ミスや製品トラブルが潜在化している可能 性は否定できないと思います。

私も現場ではエコキュウートの試運転には何度か立ち会った経験はありますが、作業者は特に必要な資格は当然持っているものと思っていて特に確認しませんでした。

しかし、このような実態が明らかになってくると、新築工事やリホーム工事の請負業者側も専門工事業者任せではなく、資格を提示させ資格のない業者、講習会未受講業者を現場から締め出す必要があるでしょう。

メーカーや電力会社側も、「エコキュートのある夢の生活」などのアピールばかりいっていず、トラブル事例の収集・公開を徹底して行い、代理店教育、指導の強化とともに、商品流通経路の見直しなどが必要なのではないでしょうか?

それが、夢を抱いてエコキュートを採用するユーザーへの答えとなるでしょう。 ブームに乗って「いけいけ」だけでは、問題が表面化したときにはあっという間に信用が失墜してしまいますよ。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/245-8d3a3c6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
給水装置工事 に関するYahoo! 楽天 AMAZONの検索結果、ブログからの口コミ情報を提供しています。
2008/11/06(木) 18:57:30 | オンラインショップ シンプル検索
給水装置工事主任技術者(きゅうすいそうちこうじしゅにんぎじゅつしゃ)とは、給水装置工事主任技術者国家試験に合格した者。給水管や止水栓、水道メーター、給水栓など、機構的に直接配水管と連結している装置を扱う指定給水装置工事業者の指定を受けるには、事業所ごと...
2009/03/12(木) 14:32:10 | 資格取得・・・そして転職へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。