家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >ペットと暮らす家HOME > 家づくりノウハウ >ペットと暮らす家
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

ペットと暮らす家
3_43489_90x90.jpg
少し前に「ペットと住める戸建て貸家」を設計したことがあります。

アパートやマンションではペットを飼うことを禁止している所が多いので、建築中に入居者が決まってしまいましたよ。


ペット専用戸建て貸家といっても対称は犬と猫までで、庭もありますが、室内でも飼えるのが条件でした。

一般の住宅においても、最近は室内でペットを飼う方が増えてきていますから、家族の一員としてペットと暮らす家づくり(犬と猫)を考えてみます。

猫の場合は、昔の家ですと室内や屋外を自由に出入りしていましたが、最近は防犯上の問題などから家の中での生活が多くなっているみたいです。
猫にとってはストレスの溜まる生活環境になってしまいましたね。

猫は犬と違って高いところや、足場の悪いところも平気ですから、建物に足場をつくり梁を出したり、キャットウォーク(高い場所の専用通路)などを造っておくと運動不足にならず良いでしょう。
問題はどこでもツメを研ぐ習性です、ツメ研ぎ用の場所を設けてそこでツメ研ぎすることを猫に習性づけるか、腰高まで腰板を張る対策もあります。

でも、猫は足場があれば家具などの上にも平気で乗ってしまいます。
そのようなところでツメを研がれると壁紙や家具までキズだらけになってしまいますよ。
猫と暮らす場合はこのような建物の傷みのリスクは覚悟しなければいけません。
ペットショップで売っている猫専用ツメ研ぎ用品などでマメな対応が必要でしょう。

犬は本来屋外で飼われていましたが、最近は座敷犬も多くなりました。
犬の場合は、住まいは階段などの犬にとっては危険な場所も多くあります。
出来るだけ一階を行動範囲の基本とするようにしたほうが賢明でしょう。
本来走り回るのが習性の犬ですから、廊下や室内などの行動範囲を行き止まりがないように考えた方が犬にとって運動不足解消には良い考えです。

犬と猫、双方のペットにとっていえるのは床仕上げ材の選定です。
フローリングは滑り易く、ペット用の床には向きません。
カーペットは柔らかく滑りにくい点では良いですが、汚れやすくペットの毛やゴミなどが溜まり衛生面や掃除などの面で不向きです。
塩ビシートの床は、普通の状態では滑りにくいですが、ペットのツメなどのでたちまち痛んでしまいます。

ペットに適した材料としては、柔らかい材質であるの杉材や桧材の厚みのある無垢の床板が一番適しているでしょう。
また、コルクタイルもクッション性があるので、ペットには適しているといえますが、長い目で見れば傷みが早く、張り替えるにしても値段が高価なのが難点です。

予算的に考えるとペットの行動範囲を決め、フローリングの上に安い置き敷き用のカーペットを敷き、汚れたら交換するのが良いかもしれません。

注意しなければいけないのがペットが食事する場所や寝る場所、トイレの場所も考慮する必要があります。
トイレの場所は臭いが発生するので、ダイニングやキッチンからは離しましょう。

また、ペットと一緒に生活している人は慣れてしまい気づかない方が多いですが、ペットを飼っていない人には室内のペット臭がすぐわかります。
訪問者の中にはそのような臭いを嫌がる方もいますから、日ごろから換気、脱臭に心がけましょう。

ペットを家族の一員として考えても、ペットの運動不足から肥満の問題が取りざたされていますよね。犬の場合は毎日の散歩が大切ですよ。
あまりにも大切にしすぎて、肥満犬ではペットにとって不幸といえましょう。
特に散歩から帰っての足荒い場所の位置は当初から決めておいた方が良いでしょう。

あるサイトでペット住宅の設計方法が載っていて、ペットから見た危険対策から、窓の高さや出入りの方法までこまごまと載っていましたが、人間の生活面からみてとても使いづらい気がしました。
ここまでやるならペット専用の部屋を用意するか、ペット用離れでも造った方が早いですよね。
あくまでも飼い主の生活がペットと暮らすことで生活しづらい空間になったのでは本末転倒といえましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/248-00ece4aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。