家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >土地だけ欲しいのに・・・HOME > 不動産の知識 >土地だけ欲しいのに・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

土地だけ欲しいのに・・・
3_51235_90x90.jpg
土地を購入して家を建ていと思っても、不動産屋が紹介するのは建築条件付土地ばかりという経験はありませんか?

一般的には、土地を買って家を建てるのも、建売住宅を買うのも、購入者側にとっては同じと思われ がちですが、土地を買って家を建てるのは高いハードルがあります。

まず、金銭面で考えると土地を買って家を建てるとなると2回不動産を購入することになります。
例えば土地を買うのにローンを組んでしまうと、そのローンを返し終わるまで建物のローンは組めな くなってしまいます。
そうなすると、土地か建物のどちらかは現金で買わなければいけません。建売住宅に比べて多額の自己資金が必要になってきます。

金融機関もこのようなケースに対処した金融商品(ローン)もあり必ずしもそうではありませんが、続けて2回不動産を買うという事実は変わりませんから、自己資金が多く必要になりますよ。

次のハードルは気に入った土地の物件を紹介してもらえないという事です。

なぜかというと業者は土地だけで売るよりも建物をセットで売ったほうが断然儲かるということです。

バブルの時代と違って土地を売っても利益は少々、それなら建物で儲けようというわけです。
また、土地価格の下落もあって、以前に購入した土地が現在の相場で売れば赤字がになってしまう例も考えられ、穴埋めとして建物付き販売といった場合もあります。

さらに安く仕入れた土地を相場で売っても利益が出るとしても、建て物を付けてさらに利益を得よう と考えているのが現状です。

逆に考えれば、不動産屋が土地だけで紹介してくれる時は、建物を建てるには不都合な事情があるかもしれませんよ。

このように、現在は土地価格が上がらない状況を逆手にとって、不動産屋が建築条件付土地で利益を得ようとしていますから、土地だけ欲しいといっても難しい状況にあります。

それでも土地を探したいという方は、不動産屋回りをするしかありません。
業者にとって建物を建てて販売するには不都合な条件も貴方にとっては好都合という場合もあるかも 知れませんし、中古物件付きの土地を購入して建物を解体して新築住宅を建てる方も増えています。

また、お金持ちであれば簡単な方法として大きな土地を買う方法です。
大きな土地はそれを買える人が少ないから、相場に比べて坪単価が格安になります。
大きな土地を買って好きな部分を好きなだけ取って残りを一括で売ってしまえばよいのです。

残りの土地は一括で売らないといけません。
残りを小さな区画に分割して売れば儲かるなどと考えてはいませんか?
宅地建物取引業法で『不特定多数の相手に反復継続しての売買が出来ない』と条文で定められていますからね。

このように土地は、バブル期は投機の対象にもなって高くて手が出ない時期が過ぎたかと思ったら、 こんどは付加価値を付けてしか売らないという、消費者にとってはいつになっても手に入りにくい商品となっています。

じっくり掘り出し物を探すか、自分で地主を探して交渉するか、あきらめて建築条件付土地にするかの方法しか選択肢はないのでしょうか?

でも、土地だけ欲しい!

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/250-307009a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。