家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >賢く新しい住宅ローンの利用HOME > 資金計画 >賢く新しい住宅ローンの利用
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

賢く新しい住宅ローンの利用
2_jupiter01096_90x90.jpg
住宅ローンには、変動金利と固定金利があり、固定金利には全期間固定、固定選択、固定・変動組合せがあります。

現在は多くの方が変動金利もしくは短期固定金利の住宅ローンを利用しているのが現状だそうです。

本来低金利であるならば、フラット35のような長期全期間固定金利を選択する方が良いし、ローン生活も安心感が生まれると一般的に言われていますし、私もそのように書いてきました。

しかし、現実には変動金利や短期固定金利の住宅ローンが多く利用されています。
この状況は、やはり住宅ローンを借り入れする多くの方が、目先の金利や返済額を抑えることを重視しているからだと考えられますし、長期的な視野で考えても変動金利や短期固定型の住宅ローンが合っているという方もいます。

また、変動金利や短期固定金利の住宅ローンがよく利用されている理由には、相談する相手である不動産会社やハウスメーカーの営業マンが安易に変動金利や短期固定金利の住宅ローンを奨めてしまっていることも背景にあります。
そこには、業者が取引銀行の優遇金利キャンペーンなどへのアプローチがあったりもしていますよ。

しかし、消費者の中には単純に「低金利なら固定金利の良い」という原則を知らないか、意識していない方が多いのも現実です。

ただ、ここ2~3年の間に5~10年程度の期間の固定金利(中期的固定金利)を選ぶ方がかなり増えていますし、30年程度の長期固定金利の住宅ローンを選ぶ方も増えているようです。

そこで、低金利時代といっても、いつまで続くかわかりませんし、景気も先行き不透明な現在を考えると、もう少し賢い借り方がないか検討してみたいと思います。

新しい住宅ローンの利用

新しい住宅ローンの利用の考え方は、金利上昇リスクを抑えるための長期固定金利と目先の低金利のメリットの恩恵を受ける変動金利又は短期固定金利の双方の特長を上手く利用する方法です。

簡単に言えば2つのタイプの住宅ローンを併用するという方法ですよ。

例えば3,000万を借り入れるすれば、1,500万円を長期固定金利で借り入れし、残りの1,500万円を変動金利、又は短期固定金利で借り入れすることで、一方に偏らない返済計画を立てることができますよね。

繰上返済する時は、市場金利の動向を見ながらどちらかの住宅ローンに充当したり、双方の住宅ローンに振り分けたりすることも可能です。

以前は、金融機関がこのような方法に対応しておらず、併用することはほとんどできませんでしたが、ここ数年急速に広まってきました。
金融機関も優遇金利キャンペーをしても、利用率が低いのでは意味がありませんから、消費者側に歩み寄ってきたということでしょう。

住宅ローンの選定は、家を建てたり購入した後の生活を大きく左右しますから、ライフプランをよく検討して、賢く選択してください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/264-c7b19b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
住宅ローン減税、最大規模に…与党が経済対策を首相に提出読売新聞首相は、住宅ローンの一定割合を所得税から減税する措置を、過去最大の「...
2008/10/24(金) 00:05:41 | 破産の前に・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。