家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >自営業者の住宅ローンは?HOME > 資金計画 >自営業者の住宅ローンは?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

自営業者の住宅ローンは?
3_54849_90x90.jpg
住宅ローンを組む場合、サラリーマンですと勤務先の業績や収入から、住宅ローンの目安がある程度つけやすいですが、会社役員、自営業者や個人事業主などのの方が住宅ローンを組む場合は、それぞれの要素に左右され、かなり難しい面があります。


サラリーマンは、基本的には会社よりも収入と返済の比率、勤続年数、転職歴の個人的な要素で判断されるのに比べ、自営業者の場合、個人のことだけではなく、会社・事業全体を見られてしまうからです。

サラリーマンの方が収入を基本にして判断されるのに比べ、個人事業主の場合、所得を基本に判断され、景気などの波に影響され、3期(3年)の内容をチェックし、安定や成長の度合いなども審査されからです。

サラリーマンの場合は、給与所得で算出されますが、自営業の場合、売上から経費を差し引いた事業所得が算出され、節税のために所得を抑えることが多いのが、逆に住宅ローン審査をより厳しくさせています。

また、サラリーマンは、、個人が辞めたり病気で休んでも会社は存続しますが、自営業は個人が辞めたり休んだら、事業そのものが成り立たなくなりますから、リスクが分散されていず、安定性がない、と金融機関サイドでは判断し審査を厳しくしているのです。

そういうわけで、一般的に金融期間の自営業に対する評価はサラリーマンの半分くらい、特に不動産業の場合、さらに半分程度の評価でしか得られないそうです。

最近は、年功序列の崩壊、永年勤続の見直しなどもあって、脱サラ、起業ブームで起業するかたも多くなっていますが、家を買うという目標があるなら、起業しても、安定して3年を経過するまで買えないとお考える必要があります。

ですから起業家は、起業するなら家は当分我慢して、事業も安定し、儲かったら、家を買うか、そのために頑張るという発想がリスクもなく安全でしょう。

このように自営業者が住宅ローンを組む場合一概にはいえず、個々の要素が大きく左右しますが、大変に高いハードルが待っているのは事実です。

また、最近の動向では、サラリーマンでも安定性のある企業以外は銀行も貸し渋り傾向になってきていますから、注意しましょう。

しかし、この内容は一般銀行の資金をベースに融資する考えであって、最近増えている住宅ローンの債権を買い取るシステムの「モーゲージバンク」系では、自営業者や派遣社員にも率先して融資するところがありますよ。

どのようなモーゲージバンクがあるか下に表示します。

楽天モーゲージ住宅ローン

   ネットでの口コミ情報でも評価が高くて民間系の人気商品です。

SBIモーゲージ住宅ローン

  借り入れ可能額や、必要な自己資金額、月々の返済金額がすぐに計算でき、審査の前の
  試算に役立ちますから、お気軽に相談して下さい。

以上のようなモーゲージバンクは審査基準にも幅がありますから、一般銀行で審査が通らなかった場合などは相談してみるのもよいでしょう。
しかし、本業のリスクにならないような借り入れにするようにしましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/267-29765868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。