家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >離婚と連帯保証人HOME > 資金計画 >離婚と連帯保証人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

離婚と連帯保証人
3_55368_90x90.jpg
今日はちょっと気になるタイトルです。
家を建てたり購入する場合、離婚のことを考えている人など誰もいませんよね。

新居での夢の生活、夫婦力を合わせて住宅ローンを支払っていこうと誰でも考えるものです。

このようなことから、住宅ローンの申込みのとき、配偶者が連帯保証人となって契約をする場合も結構あるみたいです。

結婚するときは離婚のことなど夢にも思わないでしょうが、長い現実生活から運悪く離婚する運びとなった場合、配偶者が連帯保証人ですと大きな問題となります。

配偶者は離婚するからといって、連帯保証人の債務から逃れることはできません。

円満離婚、住宅ローンは夫が支払うという取り決めであっても、万が一前夫(前妻)が返済を滞納した場合には、督促状が届いたり債権者が自宅に訪問したりすることになりますよ。

「話が違う」といってそのまま放置をすると、あなたの信用に傷がつき、後々何かでローンを組もうとした時に大変不利になります。

相手方が返済不能な状態なら、家、土地の売却を迫るなどの対処を早急にする事が重要となりす。

最近このような場合の相談が、いろいろなサイトで見受けられるようになりました。

このような状況にならない方法として、どちらかが購入した住居に住み続ける場合は、売主を元夫婦の2人、買主を居住を続ける相手方として売買をすれば連帯債務は消える事になります。

住宅金融公庫から融資を受けて購入した場合には、銀行などの民間の住宅ローンを申込んで融資を受け、公庫の融資を全額返済する形をとり、売買成立後、銀行の住宅ローンの返済が始まり譲り受けた側が返済していく事になります。

離婚によって、住宅の名義変更をする場合は、相手方の同意があれば司法書士に依頼すれば変更手続きはできますが、住宅ローンに関しては簡単に名義を変更する事はできません。

離婚によって名義を変える場合は、住宅を譲り受ける側が新規で住宅ローンの申込みをし、既存のローンを一括で返済いなければいけませんよ。

妻が譲り受ける場合には、正社員で勤務するなどの融資条件を満たす収入がなければ、住宅を担保としてもローンの審査を通る事は難しいでしょう。

売却をする場合には、住宅ローンの残高と売却の金額の差額を現金で用意しなければなりません。

現在は土地の価格も下落し、建物も年数と共に評価が極端に落ちてしまいます。
売却できても住宅ローンの残高との差へ大きなものと考えられます。

もう一つの方法は離婚前に話し合い、夫が返済意欲があるうちに、住宅ローンを借り替えて連帯保証人から抜けるという方法です。

人間は夫婦といえど先にことはわからないのですから、離婚時に連帯保証人から抜ける対策を検討しましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/277-ee3de4ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
また、離婚する際には色々な離婚問題が絡んできます。慰謝料・養育費・親権・財産分与・住居問題・子供の学校・姓(名前)の問題。本屋に売っていない 弁護士に相談すると、高い相談料が掛かる このマニュアル価格以上の効果がある マニュアルを読むことにより、離婚につ...
2008/11/16(日) 18:22:20 | これが答えだ
キャッシングには、緩いところと厳しいところがあります。経験からすると、大手よりも準大手の会社の方が甘いみたいです。まあ緩いということは、危ない人にも融資しているということなので、利率が高くなってしまうので、ぎりぎりで通るところにするのがべストです。ちょ...
2008/12/29(月) 00:56:44 | キャッシングでの個人的体験談
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。