家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >日影規制HOME > 住宅設計 >日影規制
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

日影規制
3_43788_90x90.jpg

「自分の家の前に新しい家が新築中で日当たりが悪くなった、日照権に問題はないのか?」とか「家を建てていたら、隣家から日当たりが悪く成るから建物の高さを変えてくれといわれた」といった相談を受けることがあります。


建築基準法では、建物が建つと、その影響で今まで日当たりが良かったのに、急に悪くなったりしする場合を想定して、一日中影になることのないようにということから決められた規制(一部の商業地域・工業地域を除く)が日影規制です。

また、1年中で最も太陽が低い位置を動く冬至日の8時~16時までの太陽の動きにより、建物の影がどのように動くかを書いた日影図というもので表現します。

日影規制は、8時~9時まで影になる部分、8時~12時まで影になる部分と、いろいろですから建物から離れている距離に応じて、影になる時間を規制します。

日影規制の対象となる建物は、下表に示すように用途地域により異なります。
また、自分の敷地が日影規制の対象外地域に建っていても、影をおとす側の地域が規制の対象地域であれば、日影のチェックをする必要がありますよ。

日影


上の表のように、一般の2階建て住宅を建てる場合は特殊構造以外(第1種低層住居専用地域・軒高7m以上、その他・高さ10m以上)は、日影規制の対象になりません。

前に建った家の影響でどんなに日当たりが悪くなったとしても、日影規制対象建築物以外は、文句のつけようがないし、隣家からクレームが出たとしても直す必要は原則としてはありません。

しかし、近所づきあいのことを考え相談の上改良した事例は多くあります。

また、3階建て住宅は、低層住居専用地域のように日影規制の対象となる地域もありますが、日影チェックをしてOKとなれば、低層住居専用地域でも3階建てを建てられます。

低層住居専用地域は建蔽率が厳しくなるからそのような措置になっているのかもしれませんが、 2階建ての家並みの中に3階建てが建ったのでは、近所の家にとって迷惑な存在ではないでしょうか?
住環境整備のための低層住居専用地域に、3階建を建てること許可すること自体おかしいですよね。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/279-8f916e33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。