家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >地盤と基礎HOME > 不動産の知識 >地盤と基礎
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

地盤と基礎
snw0021-013_s.jpg土地を選ぶとき、地盤の強度がどの程度あるのか良くわかりませんよね。

建物の基礎構造は、地盤の強度によって大きく左右されます。

生涯の住み処、家は新築したが足下が・・・・にならないよう注意です。

地盤と基礎の関係を表してみましょう。

建築基準法施行令(基礎)第三十八条

「建築物の基礎は、建築物に作用する荷重及び外力を
安全に地盤に伝え、かつ地盤の沈下または変形に対して
構造耐力上安全なものとしなければならない。」
簡単に説明すると以下になります。

● 建物荷重計算
    ↓
● 地盤調査
    ↓
● 建物構造+地盤強度を検討した基礎設計
    ↓
● 基礎工事  

この流れでいくと地盤調査をして地盤が
軟弱で沈下の恐れがある場合、地盤改良か、杭工事、
特殊基礎工事、が発生します。

上記の工事は多額の費用が発生します!

個人が土地を購入する場合、地盤データーは提出されません。

現在は住宅業者が地盤調査するか、個人で依頼するかによって地盤データーがわかり、その結果により、基礎補強仕様が決まり金額が出ます。

一般的に住宅業者はこの金額を、別途工事扱いにします。

土地購入費+建築予算だけでも大変な金額なのに、当初不明な金額があるのは、おかしくはないでしょうか。

一般的には、建築業者が周囲の土地データーを調べたりして設計前に組込みますが、土地造成工事の時点で地盤調査をし、不動産売買時に地盤調査データーを添付し、土地データーに添った内容を、土地販売価格に反映させるシステムを検討する必要があるのではないでしょうか。

地盤調査に関しては下記ページに詳細が出ていますので参考にして下さい。  地盤調査

  




関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/28-8196242c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。