家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >床暖房を考えるHOME > 住まいの情報 >床暖房を考える
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

床暖房を考える
コヒー
不思議なもので、長い間設計をしていると、春から夏にかけての期間に設計すると、施主の要望は「開放的な家」「風通しの良い家」「湿気、結露対策」が主たる要望となり、秋から冬にかけては「寒さ対策」、「暖房計画」が主たる要望になり「閉鎖的」な家になる傾向にあります。

春から夏に計画し、完成が冬でもこの傾向は同じで、逆の場合も同じ傾向ですね。
日本には四季があるのはわかっていても、その時点の肌で感じる気候が家づくりに大きな影響を与えるみたいですよ。

そういうことで、寒さを大変意識する季節となりましから、暖房で今、最もトレンドな床暖房について考えてみます。

床暖房は以前から、「室内の空気が均一な温度になる」「輻射熱の対流による暖房なので直接熱源暖房より心地よい」といって普及していました。

確かに床暖房の原理を考えると、他の暖房器具よりも大変に優れていると思います。
しかし、意外と過去の床暖房設置した方からクレームが多いのをご存知でしょうか?

「部屋が言われたほど暖かくなく、暖房器具を併用している」「床や巾木が反ってきてギシギシいう」
「吹き抜けがあるので床暖効果に時間がかかりすぎて不経済」・・・・などといったものです。

これは、床暖房効果のみ鵜呑みにし、床暖房効果を発揮する設計計画がなされていないといえましょう。

普及当初は、床暖房の効果を理解しない、単層ガラスの建物に床暖房といったも工事も見受けられましたよ。
床暖房は、輻射熱の対流が基本ですから、建物全体が気密化していなければ部屋の温まった空気は逃げてしまい、単に床だけ暖かいだけになってしまいます。
また、吹き抜けなどの大空間があれば当然床暖房効果には時間がかかり、システムによったは部屋全体が温まるには半日程度かかてしまうのもあります。

私は、床暖房の内容を書くのに多くのサイトをみましたが、見た範囲では全て床暖房の宣伝のための効果説明か、他社とのシステムの違いのみで、設計上の基本的な計画を述いるべているところはありませんでした。

なかには、床暖房は「頭寒足熱」だから体に良いと堂々と宣言しているところもありましたが、これじゃ「コタツ」と同じで、室内の空気を均一な温度するといった基本原理はどこにいってしまったのでしょうか?

私の考えの部屋全体を暖める床暖房は、北欧や韓国の「オンドル」などに見られる基礎部に蓄熱する「蓄熱式床暖房」にあたるとおもいます。
しかし、この方式は床暖房工事から建物気密化にいたるまで大変な設備投資を必要とします。

これに対し現在は、床構造にパネルを敷く、ガス・電気・石油・対応の床暖房が全盛化していますね。

特にオール電化での床暖房が最近は伸びているみたいで、確かにこの方式も床が暖かいと体感的に暖房効果があるといえます。

この方式は、暖房を必要とする各部屋にパネルを敷きますから、「蓄熱式床暖房」と比較して経済的といえますが、「暖房負荷計算」をきちんとしないと効果が半減します。
暖房負荷計算とは建物構造(木造・RCなど)、断熱材の種類と厚み、ガラスの規格などを調べ、エネルギーロスがどれだけあるか計算することです。
基本的にエネルギーロスの大きな家は床暖房には向いてないといえるでしょう。

また、床構造や断熱材の施工精度で建物の構造自体に影響が出る場合があります。
特に床暖房を長期間使用する寒冷地では、熱源に接する床構造が反ってしまったり、中にはギシギシゆうので解体したら、暖房パネルの周囲が結露し床構造材が腐食していた例もあります。

このように床暖房には2つの系統の方式があるということを理解してもらいたいのです。
ネット上で見ると、お互いに自社商品の利点と他のシステムの欠点表示が多く、消費者にとっては何を選んだら良いかわからない状態になっています。

また、安易に建築業者の薦める、床暖房を採用して前に書いたようなクレームが多いのも現実です。

最近は床暖房対応の無垢の床板などもありますが、巾木や窓枠なども無垢材を使うと床板と接している部分は熱によって隙間が生じたりします。

私の考えでは、寒冷地においては「蓄熱式床暖房」、その他の地域では「床構造設置パネル床暖房」といった考えが妥当と思っています。

それぞれの床暖房システムの効能は、専門メーカーのサイトやカタログに詳細に出ていますから調べて下さい。
さて、あなたはどちらのシステムを採用しますか?

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/281-eec99d5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。