家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >埋蔵文化財が埋まってるHOME > 不動産の知識 >埋蔵文化財が埋まってる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

埋蔵文化財が埋まってる
2_jupiter01185_90x90.jpg
あなたの住宅建築予定地に、埋蔵文化財が埋まっているといわれたらどうしますか?
このような土地は、宅地造成された土地の場合、造成時点で届けを出して処理しますが、元は畑や田を宅地にした所や、代々住んでいた土地に家を建て替えようなどとすると意外と多いのです。

このような土地は、文化財保護法により発掘調査が義務付けられてます。
文化財保護法では、「埋蔵文化財を包蔵する土地として周知されている土地」を周知の埋蔵文化財 包蔵地と呼び、土木工事等を行う場合、60日前までに届出を提出するよう、同法によって義務付けられています。

発掘調査は事業者から県または市教育委員会あるいは民間の調査組織などに委託して行われることが一般的です。
ですから、家を建てようとしてる、あなたが事業者で、調査を委託しなければなりません。

基本的にその費用は事業者(原因者)が負担することとなっています。

ただし、個人住宅の建設等、原因者負担とすることが困難な場合は国庫補助の制度等があります。 また、公費負担となる場合がありますので市教育委員会と協議するようになるでしょう。

特に、古代の遺跡が多く出土しているような場所は、可能性の高い地域といえます。
このような土地は現在、各市町村で事前調査して埋蔵文化財がう埋まっているかどうかの地図があ りますから、市区町村の行政機関で確認できます。

しかし、一般地域では掘ってみないとわからない埋蔵文化財のほうが多いのです。
民間の土木工事などでは、このような埋蔵文化財を届けると工事が遅れるのがわかっていますから 、重機などで埋めたり、壊してしまったりしているのも現実にはおおいのです。

知らなかったことにして、勝手に工事をして、見つかった場合、市区町村の学芸員、考古学などの 担当者から工事中止命令が出ますよ。

また、発掘調査は一般的に時間がかかり、住宅敷地ていどでも3ヶ月程度の期間をようします。

一般的に周囲に貴重な埋蔵発掘箇所がない場合、発掘されるのは土器ていどが多いですが、中には貴重な歴史的文化財が出たような場合、周囲の調査も含め、もっと多くの時間がかかる場合も考えられます。

このような場合、住宅計画は大幅に遅れてしまいますよから、考えられるような土地は、事前に調 査しておくのが良いでしょう。

自分の土地に、「徳川埋蔵金」みたいなお宝が埋蔵されているなら大歓迎ですが、貴重でない瓦や 土器ではちょっとがっかりですよね。

でも史跡保存に関する法律なんでどうしようもありません。

建築途中で見つかって工事停止などにならないようにしましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/292-594dc8bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。