家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >24時間換気と気密住宅HOME > 家づくりノウハウ >24時間換気と気密住宅
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

24時間換気と気密住宅
3_59461_90x90.jpg
住まいのシックハウス問題により、平成15年から24時間換気設備が義務づけられています。
シックハウスは建材に含まれる化学物質が室内空気中の放散され、起きる現象です。


24時間換気設備というと、いかにも特別なシステムと考えがちになりますが、昔の隙間風だらけの自然換気の家でも原理は同じです。
建物の気密精度が向上したことによって、化学製品を使用して作られた建材が問題化されました。

気密を良くすることにより、お金をかけて換気をしなければならないという皮肉な結果になりましたよ。
昔の家と違い、換気を機械で建物容量に合わせて換気計画するものです。

建築基準法改正に伴い、化学物質を多く発散する内装材は使えなくなりました。

クロルピリポス :使用不可 ホルムアルデヒド:使用の制限

ホルムアルデヒド濃度は、建材商品に星マーク(★★★★)で表示され、4星(第三種)でないと基準外商品となります。

法律の概要

法律では、室内のための対策として、部屋の換気回数によって、内装仕上げに使用できる建材の使用量が変わったり、天井裏換気が必要となったります。

全ての居室(LDK・洋室・和室など)には、1時間当たり0.5回以上の換気が必要とされ、その他の部屋(トイレ、洗面、収納部など)は1時間当たり0.3回以上の換気が必要となりました。

上の2つの室内対策以外にも、天井裏のシックハウス対策として、換気装置あるいは天井面の気密、第3種以上の下地材を使用することが義務づけられました。

機械換気方法の種類

換気


機械換気設備の比較

kannki.jpg


建物の室容量を計算して、計画的に吸気・排気設備機械や吸気・排気口が配置されます。
吸気口から導入された空気は、排気口に向けて室内を流れていきます。
そのため、建具の引き戸は隙間があるためそのままですが、方開きドアは建具がアンダーカットされます。

■ 高気密・高断熱住宅の対応

高気密・高断熱住宅の性能はC値、Q値といった数値で表されます。
C値は「隙間相当面積」で、Q値は「熱損失係数」をいいます。

<C値>室内空間の全容積(小屋裏・吹抜け・基礎断熱時の床下を含む)をh=2.6mで割った
      値で、実質延べ床面積の1?当たりにつき、どれくらいの隙間があるかを値で、
      単位はC㎡/㎡で表します。
      次世代省エネルギー基準で定める気密住宅ではC≦2が基準となっています。


<Q値> 内外温度差1℃の時、1時間あたりに逃げる熱を実質面積で割った値です。

このような基準で作られている高気密・高断熱住宅に24時間換気設備の導入って、どこか矛盾していると思いませんか?

C値は建物隙間や穴をいかに少なくするかの基準ですが、24時間換気設備の法律ができて、外部に対し立派な穴を開けなければいけません。

また、Q値を考えたとき、冬季などは室内暖房温度の中に換気計画から導入された外気が、数箇所から流入してきます。
実際にこの状態では、寒くて使用できないといって、多くの方が吸気設備を止めてしまっています。

高気密・高断熱住宅は簡単にいえば、建物が「魔法瓶」状態で成立するのです。
このような状態では、もはや高気密・高断熱住宅とはいえません。
また、高気密・高断熱住宅は、気密、断熱工事ともに難しく、施工ミスなどがあると、その部分に、結露やカビが集中しますから、工事に関しては「0点か100点」しかありません。

24時間換気設備を取り入れて 高気密・高断熱住宅を有効にするには、第一種換気設備で軒裏などから外気を吸入し、熱交換器により空気温度を調整し、居室空間と外気の間には穴を開けず、天井裏ダクト配管にて完全に管理しなくてはいけないのです。

このような工事は大変に高額な設備投資となります。(坪X3~5万くらい)

現在、「高気密・高断熱住宅+オール電化住宅」でないと建物が売れないともいわれ、安易に、高気密・高断熱面だけを考え、24時間換気設備を簡易な第一、第二、第三種設備で計画されている建物も多くあります。(法律上は、それでも問題ありません)
第一種~第三種設備まで、壁付けの簡易なものは、電気工事を入れても原価で15万前後で導入できるからです。

高気密・高断熱住宅メーカーで24時間換気設備もしっかりと考えているところは、カタログなどできちんと説明しています。
しかし、意外と気密、断熱性能だけの説明がネット上のサイトでもおおいですよ。
C値、Q値の説明だけで、24時間換気設備の説明が曖昧な場合、24時間換気設備の内容を確認しましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/297-98564d10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。