家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >サスティナブル住宅HOME > 家づくりノウハウ >サスティナブル住宅
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

サスティナブル住宅
3_43496_90x90.jpg
最近よく聞くのは「サスティナブルな社会」「サスティナブルな家つくり」といた言葉を耳にします。

サスティナブルな社会とは、環境や経済、人口など人間を取り巻く広い範囲にわたる現象に配慮した社会、未来に向けて安定的に持続・発展が可能な社会を意味しています。

では、「サスティナブル住宅」とはどういうものかというと、現在のようなスクラップ&ビルドの考えをすて、循環型建築への転換をはかり、省エネ、長寿命、リサイクル・・といったことを考慮し、自然と人間の関係を見直して、人にやさしい健康的な建築を造ろうということです。

持続可能な社会を引き継いでいくためには、サスティナブル住宅が果たす役割は非常に大きいと言えるでしょう。

サスティナブル住宅の基本的な考え

1、環境負荷を減らし環境に配慮した建築

  環境負荷を減らし、省エネを考え建物の長寿命化をはかる。
  リサイクル、リユースできる建築資材の使用。

2、自然との関わりを増やした住環境

  内部と外部の空間に繋がりを持たせ、自然と人間の関係を見直し再構築することで冷暖房の
  あり方を見直し、内部環境と外部環境のバランスを考える。

3、自然の力を利用した家(パッシブデザイン)

  現在のような屋内空間だけの快適性追求でなく、太陽エネルギーや自然の風などの環境を
  上手に取り入れる仕組みを考える。

4、人体に悪影響を及ぼす建材は使わない

  悪影響を及ぼす建材は使わないと共に、十分な換気システムを考えることが重要。
  サスティナブル住宅をつくるには住居者の意識改革が重要。

5、環境形成に関わる

  家族のライフスタイルを明確にし、それに沿ってイニシャルコストはもちろん、環境との
  関わり方を考えてランニングコストを抑えることも重要なポイントになる。

簡単にいうと、サスティナブル住宅は、環境負荷の少ない住宅をつくって居住者側も積極的に維持管理において、自然と共に共存できる住環境を創ろうということです。

私達が標準的につくっている住宅は、自然から住空間を隔離し、いかに快適な内部空間を確保するかに重点がおかれています。
そのために、自然を克服するために開発、研究された内外建材で家造りされている建物が大半です。

自然素材といっても一部分のみ、このような建物が寿命を迎えたときに、次の世代には大量の産廃棄物の「ツケ」が回ってきます。

いまやサスティナブル住宅の考えは、時代の要請であり、待ったなしに突入しているといえるでしょう。
しかし、いろいろなところでこのような声を聞きますが、現実には現在のハウスメーカー主導の家つくりは、他社との競争に勝つためのデザイン、設備、新建材、新工法・・・などサスティナブル社会とは程遠いところに位置するように思えます。

大手ハウスメーカでは自社住宅建材のリサイクル研究に着手(ミサワホーム)したところもあります。

しかし、ローコスト大量生産といった考えのハウスメーカーが多く「サスティナブル住宅」は掛け声だけのような気がします。

建築業界では、この問題を早くから取り入れ、自然素材のみの家造りを提唱している工務店などもありますが、まだ地域的な規模での「こだわり住宅」程度の見かたしかされていません。

本来日本の住宅は、自然と調和した家屋でした。
内部空間と外部空間の中間には、軒の深い庇、濡れ縁、などがあって、外部と内部が融和した「サスティナブル」住宅といえましょう。

先日もあるサイトで「フランス漆喰を石膏ボードに塗ったら、ヒビ割れがすごい」というクレームがでていました。
輸入住宅デザインを取り入れるのが流行していますが、レンガや石造り構造の建物の表面的デザインをまねても構造自体が違うのですから、地震の多い日本ではヒビが入って当たり前です。

海外でも素朴な建物で「サスティナブル」な暮らしている住宅のデザインだけまねて、本質を理解していないといえましょう。

ハウスメーカー、建材メーカーが、このようなことを無視して、ブーム便乗の利益至上主義に走っているのが現状です。

高度成長期以後のマイホームブームに住宅金融公庫が誕生し、「木造住宅工事共通仕様書」できたあたりから、家づくりは構造が規格化され、数値を大切にするようになってしまい、自然と調和する家とは縁遠くなってしまったような気がします。

業界自体だけでなく、官公庁も含めた国家的なシステムを早急に検討する必要があるのではないでしょうか?

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/298-d7cd1c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。