家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >外断熱?内断熱?HOME > 家づくりノウハウ >外断熱?内断熱?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

外断熱?内断熱?
kis0025-012_s.jpg
断熱工法には、内断熱工法外断熱工法があります。

外断熱がマスコミやネット上でにぎあい、外断熱の本は外断熱だけが「良い家をつくる」かのように取り上げ、ブームになっています。

以前には、朝日新聞「天声人語」で「住宅の断熱は外断熱が望ましい」という記事がありました。

はたして、ほんとうに外断熱の方が良いのでしょうか?

「外断熱は危ない」と警鐘をならす専門家や建築家も多くいます。

外断熱とは、主にコンクリート構造物など熱容量の大きい建物の外側に断熱層を設け、建物を外気から断熱し、蓄えた熱を逃がさない方式です。

木造・木質造住宅の場合、コンクリート構造物に比べ熱容量が大きくないので、本来の意味での外断熱の恩恵は受けられません。

木造・木質造住宅の場合、法律用語では「外張り断熱工法」と定義してます。

■ 内断熱と外断熱の工法の違い

16.jpg 35.jpg  2.jpg 7.jpg

内断熱工法                          外断熱工法            


・内断熱 建物躯体内部(床、壁、天井)に断熱材(グラスウール、ロックウールなど) を入れます。

・外断熱 建物の躯体外部(基礎、壁、屋根)を断熱材(ポリスチレン、ウレタン系)で被服します。

■ 断熱工法の比較

無題


上記の表を比較して見ると断熱の性能面では外断熱の方が、断熱材で外部を包むので高気密にもなり断熱性能は良いです。

また、降水量が多く湿潤な日本の気候には、本来湿気を含みやすい内断熱材は向いていないと思います。

リホーム工事で内壁を壊したら、内部のグラスウールが湿気を含み半分くらいに縮んでいるのをよく見ました。

これは現在一般に行われている外部通気、内部バリヤー工事が導入される以前の建物ですが、内部結露によりグラスウールの間隙空気部分に水分を含んで収縮していました。

内断熱工法はこのような歴史と共に改良されています。

輸入住宅の仕事をした時、アメリカで普及している内断熱材を輸入しましたが、厚さ、密度、重量、全て日本で一般的に使用している内断熱材より数段上でした。
現在内断熱材は、外断熱に対抗して新素材の開発が進みつつあります。

前述した「外断熱が危ない」というのは、断熱材よりも工法に原因がありました。
内断熱は躯体内部に断熱材を入れるので、外壁材は通気層を設けても躯体にしっかり固定できますが、外断熱の場合、断熱材の外部に通気層を設け外壁材を固定します。

外壁材と躯体の間に耐力が計算できない断熱材が入るのです。特殊固定金物を使用しますが、外壁材は重量のあるタイル、石、モルタルなどは無理でしょう(2階建て以上)。

現に、北海道で外断熱タイル張り2階外壁の、広い面積が落下した事例があります。

この例は施工的な問題も考えられますが、一般的に仕様されているサイディングも厚い物は止め金具などの固定に注意が必要です。
外断熱材専用固定金物といっても釘形状で外壁材外部から止めていきます。

地震国日本です、正確で安全な外部建材の重量、耐久年数のデーターは出ていません。
そこには細心な施工対応を必要とします、注意しましょう。

■ まとめ

日本の住宅業界の中で断熱材の歴史は浅いです。

グラスウールも導入当初は、安価、安易な施工性で大変もてはやされましたが、数年後のデーター(施工不良もある)で問題視され、改良されています。

このように住まいの建材、工法は商品開発時にさまざまな実験、検証を行いますが、大自然の中に建てる建物では、長い年月の耐用に応じきれず消えていった建材もあります。

私は内断熱外断熱どちらが良いかと問われれば、次の理由から、どちらでも効果に大きな差はないと答えます。

1,内断熱、外断熱を比較した場合、断熱性能は外断熱の方が上であるが、
  木造住宅の場合コンクリート構造物に比べ熱容量が大きくないので、
  本来の意味での外断熱の恩恵は受けられず、内断熱、外断熱とも大きな差はない。

2,外断熱の場合気密性も上がる分、気密工事、換気計画などのコストアップと、
  建物形状が外断熱効率のため規格化され、建物の平面、外観に自由性がなくなる。

3,外断熱の場合、外部構造体との固定が問題視されているので、建物本体の
  維持管理を考え下地材、施工精度が重用視される。

4,内断熱を採用する場合、湿度を吸収するグラスウール系を使用せず、
  発泡系(ポリスチレン、ウレタン系)のブローイングか吸水性のない素材を使用するとよい。

両方の断熱工法の違いをデーター的に見れば、グラスウールでの比較では外断熱の方がよいのですが、現在の木造住宅では、内断熱の水で発砲するウレタンフォーム(アクアフォーム)がフロンガスも 使用しなく、気密工事は外断熱よりも優れていますから最も良いのではないかと考えています。

住宅でも「外張り断熱工法」が「外断熱」と表現される工法開発を期待したいですね。

  




  
関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/30-5680218f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。