家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >オール電化HOME > 住まいの情報 >オール電化
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

オール電化
23PHAH13.jpg
オール電化住宅とは、調理、給湯、冷暖房などのシステムを全て電気によってまかなう住まいのことを指します。

家庭内の全ての熱源を電気にするとは、電気温水器(またはエコキュート)、IH調理器、蓄熱式暖房機又は床暖房システム(電熱式または温水式)などを組み合わせ、100ボルトの電気では足りず、一般に200ボルトを使用します。

電力会社の時間帯別電灯料金制度が導入され、低ランニングコストによりメリットが大きくなり、家電機器の高機能化も普及を後押しているでしょう。

住宅の高気密化が進み、ガス・石油に比べ「安全」「クリーン」であるとして、オール電化住宅の販売が多くなっていますよね。

最近は、失火による焼失を嫌う賃貸住宅などでも多く採用されています。

現状は、オール電化では建築コストが上がるので、一部電化方式の住宅も多くあります。

■ 利点

・宅内ガス工事費+基本料金が無くなる。

・深夜電力料金を活用した特約料金(例として「電化住宅割引」等)により、光熱費はガスとの
 併用よりも「電気に一本化した方が安くなる」との電力会社の説明

■ 問題点

・昼間時間帯に設定された料金単価は夜間帯単価に比べ高く、温水式暖房(床暖房・浴室暖房)や  風呂などの給湯利用といった大きな熱需要を消費すると光熱費が割高になる。

・貯湯式給湯器は、深夜電力で作ったお湯がタンクに入っており、これを夜までに無駄なく使い切れ  光熱費を節約できるが、使い切れずお湯を無駄にしたり、お湯が足りなくなって割高な昼間電力を  使えば光熱費を節約したとは言えない。(需用者のライフスタイルにより変化)

シュミレーションと節約事例

下記に全国電力会社のオール電化導入のシュミレーションと節約事例が出てますので参考にしてください。

 オール電化シュミレーションリンク集              東京電力 節約事例
■ 環境負荷検討

・東京電力は、エコキュートやエアコンといった省エネ性能の高い機器を給湯や、冷暖房に利用すれ  ばCO2排出量が燃焼機器を使用する場合に比べ下回ると説明しているが、機器単体で能力を計算  するのか、配管及び蓄熱ユニットも含めた設備として計算するのかによって数値が大きく異なる。

・東京ガスはガスから電気に変えると、電気が火力発電の場合、一次エネルギー消費は倍、
 CO2排出量は2.65倍になると言っている。

・環境NGO 気候ネットワークやLPガス協会は、オール電化は火力発電を
 前提とした場合、ガス併用に比べ二酸化炭素排出が増え、地球温暖化防止に
 水を差すといった主張をしている。

■ 電磁波

住宅の家電品の中で、IHクッキングヒーターや電子レンジなどは、電磁波の出量が多いと言われています。

電磁波の健康への影響は調査自体が非常に難しいですが、「電磁波と健康被害の直接の因果関係は認められないが、関連は否定できず、予防的な対策が必要だ」と多くの国際的な研究機関も発表しています。

このような影響か、最近は遠赤外線の調理器具、暖房器具が多く出回っていますね。

電磁波を出す家電器具には前述の器具のほか、IH炊飯器、ミキサー、トースター、ホットプレート、アイロン、ドライヤー、電気シェーバー、電動歯ブラシ、ホットカーペット、電気毛布、こたつ、マッサージ機、ブラウン管テレビ(モニター)、掃除機、洗濯機、蛍光灯などがあり、現代生活に密着している商品ばかりです。

今後、電磁波の人体への影響に関する研究に、大いに関心が寄せられます。

オール電化とガスの1年間のランニングコスト比較と、CO2排出量の比較内容がこちらに出ています。(意外なことになっていますよ)

オール電化 VS ガス

  




関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/32-f5565c5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。