家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住まいトラブルランキングHOME > 家づくりノウハウ >住まいトラブルランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住まいトラブルランキング
900-KA006S.jpg
これから、家を建てようという方にとって家づくりの情報は溢れていますが、住んでから「どのようなトラブルが多いのか」「どのような問題が発生しやすいのか」ということはあまり知られていないようです。 自分の家は業者が信頼できるから大丈夫と思っても、入居して3年から5年以内には必ずどこかに住まいのトラブルが発生してきます。


どのようなトラブルがあるのか事前に知っておくことは、家づくりの現場をチェックする上で重要になりますから、過去の経験や、相談から重要なもの、問い合わせの多いものを取り上げてみます。

1位 雨漏れ

住まいは自然の気象現象から身を守るのが原則ですが、雨漏れは建築関係者にとって昔から大きなテーマとなっています。
雨漏れしやすい場所は、屋根と外壁、バルコニーの防水部とサッシ廻り、外壁とサッシ、シャッターボックス、外壁と水切りといった材質の異なる接合部に問題が発生しやすくなっています。
また、最近は軒先の短いデザインの家が多く、シーリングに頼る施工が多いなっていますから、シーリングの施工精度もっ重要です。シーリングは幅10mm、深さ10mm程度の寸法がないと本来の役割をはたさないので注意しましょう。

雨漏れの原因は骨組みに対する施工不良から、細部の収まりまで建物によって様々な要素が考えられますが、外壁下地の防水紙を張り、貫通部材の防水処理した時点で雨漏れしないことが基本ですから、下地の時点で確認することが大切です。

2位 水廻りトラブル

水廻りは給水系統と排水系統のトラブルに分けられます。
給水系統の場合、常時水圧がかかりますから設備器具との接合不良や配管の施工不良の場合問題箇所がすぐわかります。特に大きな地震のあとなどは確認が必要です。
給水系統の漏水チェックは、メーターボックスから先にある水栓を全て止めて、メーターボックス内の小さな回転盤が回転しているようなら漏水していますから、水道料が急に増えた時は点検してください。

排水系統は設備器具との接合不良などが考えられます。
床表面に排水が流れてくる場合はすぐわかりますが、床下でトラブルが発生している場合があります。
特に、洗濯機の排水部分は入居してすぐには問題なくても、長い間の機器の振動で配管にトラブルが発生している場合があります。
給水、配水系のトラブルの確認は床下点検口を設置して点検できるようにしておくことが大切です。

3位 床鳴り

入居すぐは床鳴りしなかったのに、年数と共に床鳴りする場合があります。
床鳴りの原因は、下地木材のソリ、伸縮、割れなどによる場合や床束やパッキン材のズレなどが考えられます。対策としては床表面から処理する場合もありますが、原因箇所の床下の問題部分を処理しないと根本的な対策とはならないから、床下原因部分を処理してもらうようにしましょう。

4位 建具の建付け

建具の場合は、室内建具、外部サッシと2種類の建具があります。
サッシの場合、引き違いサッシの障子が枠に当たって閉まらなくなってくる場合があります。
これは、取り付けた柱が日当たりによって反る場合も考えられますが、ほとんどは取り付け不良が原因ですから、サッシ枠が鉛直、水平方向にしっかり取り付けられているか確認しましょう。

内部建具は柱の建て付けが鉛直にそろっているかどうかで、決まってしまいます。
ムク材の木製建具(フスマ)などは削って調整できますが、既製品建具は削ることが出来ませんから柱の建て付けがポイントになります。
また、上階荷重による梁材のダレによって間柱が押され建て付けがきつくなることがあります。
建具が動かなくなった場合、地盤沈下や床組み材の腐食、虫害(シロアリなど)なども考えられますので建築業者に連絡しましょう。

5位 外壁の亀裂

最近の外壁はサイディングか、左官用下地ボードに塗る塗り壁が大半です。
昔の土壁のように厚く塗りこむ壁でなく、表面構造体だけですから衝撃に弱い構造となっています。
大きな地震があったりすると、構造バランス悪い建物は外壁に亀裂が入る場合があります。
また、サイディングのシーリング目地にヒビが入ったと心配する人が多いですが、目地は外壁本体の割れを防ぐのに力を逃がす役割ですから、目地にヒビが入るのは正常に目地が作用していると考えるべきです。
目地にヒビが入らず外壁が割れた場合は構造自体に問題があるといえるでしょう。
しかし、あまりにも深い目地のヒビは、シーリング効果が弱くなってしまいますから対処が必要です。

住まいのトラブルは上にあげた例以外にも、施工精度や入居者の生活パターン、手入れの程度によって様々な現象が考えられます。
あなたの住まいが30年、50年後にも住みやすい家であるためには、建てる前からこのような問題を考えて対応することを意識してください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/327-5987e502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。