家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >高気密・高断熱の間取に注意HOME > 住まいの情報 >高気密・高断熱の間取に注意
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

高気密・高断熱の間取に注意
3692-s.jpg
最近はどこのメーカーのチラシや、ホームページを見ても「高気密・高断熱住宅」のタイトルが見られますよね。
それだけ「高気密・高断熱住宅」に人気が集まっている裏づけといえましょう。

これらのチラシやHPをみると、首をかしげるような間取りを見受ける場合がありますよ。

「高気密・高断熱住宅」といっても、常時窓を閉め切たり、窓が必要ない訳ではありません。

私が見ておかしく感じた間取りは、居室が極端に小さな窓だったり、部屋のバランスを考えると西側に窓が必要と思え間取りでも、南と北にしか窓がなかったりするプランがあります。

建築基準法では、居室の採光面積の規定はありますが、通風面積に対しては何も規定がありませんから、このような間取りは採光面積がぎりぎりクリアーした間取りといえます。

何故このような間取りが出現するのかと言うと、高気密・高断熱の数値を確保するには、外部開口部の高気密・高断熱用サッシが高価なことがいえますし、サッシ周囲の気密工事などを考えると、外壁面を多くして窓を出来るだけ少なくした方が建築コストは安く出来るわけです。

特に西側壁面は、夏季における太陽熱受容量が南面より大きくなり、断熱面での数値確保には窓がないほうが高気密・高断熱には向いているからと考えられます。

しかし、「高気密・高断熱住宅」といっても、すまいの有効な風通しや日照は必要ですし、窓を閉めた生活空間が高気密・高断熱になれば良いのです。
一般的な窓の配置の間取りは、日本の気候風土の中で最も有効に働くように長い歴史のなかで考えられてきたものです。

最近「高気密・高断熱住宅」なのに結露やカビが発生するという内容のネット投書を見かけることが ありますが、施工不良の他にこのように開口部のバランスを無視した間取りも原因の一因ではないかと考えられます。

現在は「高気密・高断熱住宅」でないと家が売れないという声も聞こえてきます。

このようなブームにつけこんで、間取りを無視した住宅、売りやすい価格にするため通風を無視した 住宅、コストを抑えて利益をむさぼる住宅、・・・などの「高気密・高断熱住宅」が見受けられます。

注文住宅でつくる高気密・高断熱住宅ではなく、規格プランの高気密・高断熱住宅の中にはこのようなプランも存在しますから、外部開口部の極端な間取りのプランには注意してください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/340-64f70e56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。