家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >KD材とグリン材HOME > 住まいの情報 >KD材とグリン材
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

KD材とグリン材
120_46041.jpg
在来工法の木造住宅で一般的に使用される木材は、KD材と呼ばれる「強制高温乾燥材」と、グリン材と呼ばれる「自然乾燥材」があります。

一般に山から切り出され製材された木材は、50~60%の水分(含水率)を含んでおり、その後1~3ヶ月の自然乾燥により20%程度の含水率が下がっていきます。

この過程でも木材は収縮いますから、乾燥収縮を考えて製材していきます。

柱材に割れ目が入っているのを見ることがあると思いますが、「背割れ」といって最初から割れを入れ ておいて、乾燥収縮時点での全体的な割れや反り防止なのです。
このような状態の木材を「グリン材」と呼びと呼びます。

それに対し含水率を30%以下にし、割れやソリ、クルイを少なくしたのが乾燥材です。

昔の時代の家づくりはグリン材しかなく、木材のソリ、クルイを念頭においた家造りでした。
では、なぜ乾燥材が求められ普及しているのでしょうか?

それには、在来工法の家づくりの変化が考えられます。

在来工法には、柱が表面に現れる「真壁構造」、柱が壁の中に隠れ見えない「大壁構造」があります。
現在の在来工法住宅は和室でも柱を隠してしまう「大壁構造」が主流となっていますし、和室の少ないプランが多い最近の住宅は、柱は表面に現れなくなってしまっています。

このような大壁工法の場合、木材は空気と触れることがなくなり、乾燥率の低いグリーン材ではソリ、 クルイ、割れといた問題が多くなってくると共に、KD材が幅広く普及するようになりました。

現在はまだKD材とグリーン材の家が混在して、以前ブログで取り上げた「木材の割れは瑕疵?」のような問題も起こっています。

しかし、乾燥材は割れやクルイが少なく、家造りには適していると考えられていますが、人工的に強制高温乾燥しているため、木の本来持っている特長を大きく損なっている面もあります。

私が知っている長い間木造専門の熟練大工達に聞いてみると、乾燥材は「木が死んでいる」と口をそろえていいます。
確かに、木の表面の脂身はなく表面の艶は消え、ガサガサした感じがし、木の持つ独特の香りすら全然違っています。

では、なぜ「大壁構造」が普及しているのか考えて見ましょう。

■ 大壁構造普及の原因

最も大きな要因はコストダウンです
特に木造住宅ハウスメーカーが、経費の負担が大きい分「大壁構造」によるコストダウンのため率先して大壁構造を普及してきたといえます。

大壁構造コストダウンの内容

1、柱が見えないから、木材強度だけの検討でよく表面の見栄えなどの選別の必要がないから、
  安い材料が選択できる。
  真壁構造の場合、柱材は杉材やヒノキ材が主流だったが、現在はランクの低いいツガ材や
  ホワイト材、集成材などが一般的になっている。

2、真壁構造は柱が現れ、壁は柱に溝ジャクリなどして納めるため加工に手間がかかるほかに、敷居
  鴨居といった開口部造作材や鴨居、廻り縁などにも柱と同等の木材が必要となり金額が
  高くなる。

このようなことから、和室も現代和風デザインといた表現と共に柱のない和室が多く見受けられるよう になってきました。
いつの間にか「柱の見える家はダサイ」といった表現をする方もいます。
当然価格競争の激化の中では、在来工法を主としてた工務店も同様な大壁工法の家づくりが標準となってしまいました。

現在グリン材だけで、家を建てようとするとグリン材として満足な乾燥の材料すら揃いません。
当然なことに材木屋は、手間を掛け、乾燥させたグリン材でも「大壁構造」の家では常にクレームの問題を抱えていますから、価格も高く売り上げも伸び、問題の少ない乾燥材(KD材)を売ろうとします。

最近は、「自然への回帰」「地球環境を守ろう」といった声から自然素材である「木の家」を建てよう という考えの方も多くなってきました。
しかし、現在のような「大壁工法」の木造住宅では「木は生きている」「自然素材の家」とは程遠いも のといえましょう。
だからといって、手間がかかりコストの高くなる昔の「真壁工法」が良いとも言えません。

今後、新しい考え、新しい真壁構造の「木の家」を林業、製材業、木材業、住宅産業一体となって模索していく必要があるのではないでしょうか?

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/341-8d21f5e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。