家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >コンクリート新時代HOME > 住まいの情報 >コンクリート新時代
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

コンクリート新時代
3_60095_90x90.jpg
以前ブログの「コンクリート神話が崩れた」で、コンクリート骨材や砂、セメントなどの材料による質の低下を問題提起しました。
それは、一般的に寿命100年といわれるコンクリートの寿命が、様々な問題から短命になっているということでしたが、最近の研究で驚くべき新しいコンクリートの開発がされています。

古代のコンクリートに学ぶ

最近、中国・西安市の郊外にある大地湾遺跡から約5,000年前のコンクリートが原形をほぼ留めた状態で発掘されました。
現在のコンクリートの寿命が100年程度と言われていますから、大変な差があります。

一般的にコンクリートは地下水に長い間さらされると,表面からカルシウム成分が溶け出して劣化が進行すると言われていますが、この驚くべきコンクリートは、炭酸カルシウムの働きで表面が大理石のように滑らかになり,水などによる内部の浸食を防いでいたということです。

炭酸化と呼ばれる化学反応に驚くべき耐久性の秘密だったことが調査データの分析によって分かりました。

現在、この原理を応用した新型コンクリートを、鹿島建設、電気化学工業,石川島建材工業が共同開発中で、コンクリートに特殊な材料を混ぜ合わせ,表面を炭酸イオンと反応させること出来る、きめ細かな表面が地下水や塩分の浸透を防ぎ,コンクリートの耐久性を向上させるそうです。

また、長い時間が経過したコンクリートからデータを収集し,解析する手法が確立され、高精度・短時 間で1万年後に予想される姿を把握できるようになったそうです。
その結果、推定寿命一万年の永遠のコンクリートが完成するのも目前になりました。

進化するコンクリート

2006年度グッドデザイン賞(建築・環境デザイン部門)に,JR秋葉原駅前の歩行者デッキ「アキバ・ リッジ」が選ばれましたが、スレンダーなデザインが特徴でその“薄さ”は驚異的だと土木技術者は驚 いています。
吸水性の高い石炭灰人工骨材〈Jライト〉の使用で、高強度で収縮にも強いコンクリートが実用化され ました。

また、新潟県長岡市で建設中の歩道橋「リバーサイド千秋連絡橋」はなんと,コンクリート躯体に鉄筋 が入っていないのです。

鉄筋の代わり入っているのは、わずか直径0.2mmの特殊鋼による繊維材料を使用することで、通常のコンクリートに比べて最大8倍の圧縮強度と高い靭性を確保。鉄筋の補強が不要になりました。
鉄筋がなくなることで、構造体が軽量化され,施工の省力化、部材の厚さを極限まで薄くでき、建設費の大幅な低減にもなる大きなメリットを持っています。

この「超高強度繊維補強コンクリート」は流動性と自己充填性に優れているため、コンクリートの自由 度が飛躍的に高まり、複雑な構造や新しいデザインにと幅広い採用が考えられています。

このように、古代の先人達の技術と知恵が現代のコンクリートを永久のコンクリートに変化させ、新し い技術開発、研究で幅広い応用が期待されます。

住宅の分野でもこのような新しい技術や先人達の知恵を応用した、新しい工法が生まれてくるのも近いかも知れませんね。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/343-892bbf49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。