家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >シックハウスHOME > 家づくりノウハウ >シックハウス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

シックハウス
kentiku03_90x90.jpg
近年住宅業界において、住宅のシックハウス症候群の問題が浮上していますね。

住まいにおける主な要因は、建材、家具などから発散される化学物質で、常温でも空気中に気化しやすい揮発性有機化合物(VOC)は、常に空気中に溶け込んでいきます。

主な成分としては、ホルムアルデヒト、トルエン、キシレン・・・など13種ほどの化学物質があげられます。

また、化学物質とは別にダニやカビ、白蟻駆除剤のシックハウス症候群の一因となっていると言われています。

症状としては、目の痛み、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などがあらわれる体調不良を称します。

厚生労働省では主要なVOC13物質について室内濃度指針値のガイドラインを設けました。

建築基準法では、2003年、シックハウス防止を目的として建築基準法が改正されました。

■ 改正の概要

1、クロルピリホスの使用禁止

     白蟻駆除剤に使用されていたが、神経毒性が強く、人体に与える影響は非常に大きい。

2、ホルムアルデヒドを含む建材の使用制限

  内装材のホルムアルデヒド等級(F☆☆☆☆)の表示義務。
  ホルムアルデヒドは自然界にも存在し、木材も微量ですが含んでいます。
  等級(F☆☆☆☆)は自然界におけるホルムアルデヒド数値に近い数値です。

3、機械換気設備の設置義務

  住宅全体の換気有効性を、機械換気設備の換気能力や数、位置などから審査します。
  (24時間換気設備)

dsp0008-002_s.jpg
■ シックハウス対策

1、においや刺激を感じたら、窓を開けて換気するなどで室内の化学物質量を少なくする。

2、住宅の設計、施工、リフォームにあたっては、化学物質材料の等級を確認し、
  適切な施工管理を要望し、引き渡しや購入時はVOC測定データーを確認する。

3、生活環境において、カビ、ダニの発生を抑えるようにする。

4、自然素材の建築建材の活用(木、珪藻土、漆喰、ケナフ・・・・など)

住まいのシックハウス症候群は、建材の化学物質と、住宅が気密性を追求し冷暖房効率は向上した反面、建物全体の換気不十分な状態が起きたのが要因です。

環境汚染が叫ばれる現在、生活空間に外気の24時間導入換気方式も見直される時が来るかもしれません。

住まいは地域性もありますが、高気密換気式都市型住宅と、ログハウスに代表される自然回帰型住宅に2極化していくのでしょうか。

  




関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/35-361211ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。