家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >24時間換気設備の問題 HOME > 住まいの情報 >24時間換気設備の問題 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

24時間換気設備の問題 
3_5046_90x90.jpg
「シックハウス」問題対策には「新建材の規制」と「24時間換気設備」の設置が義務付けられていますが、新築をした方に尋ねると、「新建材の規制」を知っていた方は34%なのに対し、「24時間換気設備」を知っていた方は83%以上の方がいたというデーターがあります。


このデータが示すように、「24時間換気設備」は多くの新築工事をする方に知られていますが、機械換気設備の種類の知識や有効な活用がされているかについては、疑問符のつくデーターが出ています。

「24時間換気設備を切ったことがある」という答えが実に全体の4割以上もありました。

その理由としては、「電気代がもったいない」「風が入って寒い」「音がうるさい」といった答えが多くを占めまめした。

また「24時間換気設備を掃除したことがあるか」という問いには6割以上の方が掃除をしたことがないという答えでした。

この内容を考えると、「シックハウス問題は解決していない」ともいえます。

「電気代がもったいない」といって切ってしまう方はシックハウスに対する自己管理責任意識の欠如といえるものでしょう。

特に、「高気密・高断熱住宅」ほど「24時間換気設備」の常時運転が必要です。
本来「高気密・高断熱住宅」はC値、N値といった、いかに熱が逃げないか、いかに建物の隙間を少なくするかを追求した住宅ですが、「24時間換気設備」の導入で冬場には寒い風がはいり、現実には止めてしまうといった話や、気密が良い分室内での音が響いてうるさくて止めてしまうという話を良く聞きます。

「24時間換気設備」が義務付けられた時点で、「高気密・高断熱住宅」は意味を成さなくなっているといった住宅が多くあるみたいです。

また、前述した機械の種類によって換気内容が違ってくるということは知られていません。
これは、設計者や住宅会社が予算に応じて機種を設定してしまって、「24時間設備完備」といった説明だけで消費者に具体的な説明不足が考えられます。

24時間換気設備は、ブログの「24時間換気と気密住宅」で設備の種類や問題点を説明していますが、第1種~第3種設備があります。

第1種換気設備には「全熱交換型」と「顕熱交換型」があり、全熱交換型は室内の温度と湿度を一定に調整できますから、寒いといった問題や内部結露といった問題は解決ますが、他の換気設備と比較して高価になります。
顕熱交換型は外部の湿度を調整できませんから調室対策が必要になります。

第2種と第3種は吸気または排気が機械ファンで強制的に吸気または排気する内容ですが、熱交換はできず冬季の寒い空気が各室内へ流入され、屋内を経由して排気口から排出しるシステムですから、冬季においては冷たい空気が室内を流れ、「24時間換気」を止めてしまう場合が多くなります。 また、湿度の多い時期には外部湿度の流入もあり、「高気密・高断熱住宅」を購入したのに結露がするといってクレームも多くきかれますよ。

こうしてみると、「24時間換気」で本来の快適な住空間を確保するには、「第1種換気設備・全熱交換 型」しかないといえましょう。
しかし、この設備を導入するには予算が高くなり、一般的な住宅や「高気密・高断熱住宅」でも業者側が一方的に安価な「24時間換気」を設定している場合が多いのがデーターから伺えます。

また、音の問題はフィルーター交換やファンの掃除を定期的にしないと、うなり音が大きくなりますから、この点も住宅業者の説明不足といえましょう。

一般消費者は「24時間換気設備・完備」といた内容が書いてあれば、「今の住宅は素晴らしいシステムになっているんだ」と勘違いしてしてしまいますよね。

今後は、システム内容と上記のような問題を説明して、消費者の理解を求める必要があるのではないでしょうか?

でも、価格差が大きくコストを考えれば「第1種換気設備・全熱交換型」導入は負担が大きくなります。
「高気密・高断熱住宅」の本来の性能が発揮できない「24時間換気設備」を含んだ法規制自体に疑問を感じます。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/352-ae88055c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。