家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >営業マンとの相性HOME > コラム >営業マンとの相性
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

営業マンとの相性
mdl0025-054_s.jpg
家づくりにあたって、ハウスメーカーから資料を取り寄せたり、展示場のモデルハウスを見に行くと、必ず最初に接触するのが営業マンですよね。

営業マンとは頻繁に会い、お金や暮らしについて幅広い相談をし、契約、着工してからも、完成してもその後会うことになります。
長い期間会う相手なので、相性の善し悪しは大切な問題といわれています。


確かに相性の合わない営業マンと毎回のように打合せをするのはつらいものかもしれません。

相性の合う営業マンを見つけると家づくりも楽しくなると思いますし、色々な営業マンに会ってみるのも、良いパートナーを見つける近道かもしれません。

しかし、相性だけで営業マンの判断をするのも考えものですよ。

営業マンと相性が合って、楽しく家づくりが出来ていると思っても、相手は企業実績、営業実績を最優先に考えなければならない立場です。

お客様に気に入られるようその場の雰囲気にあわせ、上手に手のひらの上でお客様を躍らせさばいている経験豊富な営業マンもいますよ。

優秀な営業マンとは、単に経験豊富とはかぎりません。
優秀な営業マンは、年齢に関係なく建築の知識と経験があり、実績がともないます。

以前設計士として在籍した住宅会社で、このような例がありました。

あるお客さんが契約間近の打ち合わせのとき、「申し分けないが営業担当者の○○さんを変えてくれるよう会社に話してくれませんか?」
「どうしても相性が合わないし、一生に一度のことなので・・・」、私は困ってしまいましたが
「○○さんは知識も経験もあり我が社では実績もNO,1の営業マンですよ」というと「●●さんとは話したときに気心も合いそうなのでお願いできないでしょうか?」

私はこの時いやな予感がしましたが会社に伝え、営業担当が交換となりました。
●●さんはどちらかいえば、話上手で雰囲気作りがうまいが、知識的には不安があり経歴上も数社を転々としてきた人です。

案の定、工事途中で営業マンが言った、言わないのトラブル発生。
結局、●●さんは工事途中で仕事を投げでして退社、その後完成まで○○さんと私でトラブル処理に当たり、大変苦労して引き渡したました。

優秀な営業マンは、経験、知識、実績などから営業スタイルは洗練され一定化し、お客様に擦り寄っていくのではなく、お客様に自分を選んでもらうアピールに徹しています。

人間ですから、「私には相性が合わない」という人もいるかもしれません。

でも相性も大切ですが優秀な営業マンをパートナーにすることが最も良い家づくりの近道ではないでしょうか。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/368-a4ac23e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。