家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >施主支給に見る不信感HOME > コラム >施主支給に見る不信感
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

施主支給に見る不信感
cat0085-066_s.jpg
最近は家づくりの過程で、建材や住宅設備機器を自分で購入して、取り付けだけ依頼する「施主支給」が多くなりましたね。

施主支給は、施工者側が商品原価に利益を上乗せする分ががなくなるので、コストダウンになると考えられます。

しかし、商品を選んだり、現場との収まり確認、工事工程にあわせた納期調整といった手間がかかります。
また、工事の責任範囲や保証なども取り決める必要があり、故障やクレームが発生すれば自分で対処しなければいけません。

このように施主に大きなメリットがあるとはいえないので、以前は業界や建築に詳しい人でないと施主支給をする方はあまりいませんでした。

それではなぜ施主支給がもてはやされ、増えているのでしょうか?

そこには、業者側のシステムや設計者などへの不信感を施主が抱いているからではないでしょうか?

ハウスメーカーの注文住宅システムといっても、商品まで構成された規格範囲での内容、メーカーオリジナルなどの商品を見ても、表面の色彩などがオリジナルなだけであって、単なる売れ筋商品のコピー、契約価格と商品に応じて商品の選択肢が決まっています。

売り手側からすれば、設計、仕様、商品選択、期間の時間や人件費ロスを少なくする効率的な方法なのでしょうが、施主側からすれば建材・設備の選択・採用の判断ができる客観的な材料を提示し、豊富な経験を持つプロならではの提案を期待していはずです。
「施主支給をしたい」という方は、自ら家づくりに参加したいという意思表示と考えられます。

売り手側でセットした商品構成で施主に判断を全面的に委ねたり、自分達の好みで主観を押し付けたりしていては、施主は不信感を募らせるばかりで、結果として施主支給が増えているようにおもわれます。

現在はネット上でさまざまな商品情報が網羅されていて、安易に購入して施主支給できますが、専門的な知識不足からの現場トラブルなども多々はっせいしています。
また、問題が発生しても「お客様が購入したした商品ですから当方に責任はありません」という対応では、真の家づくりパートナーとは言えないでしょう。

施主支給の内容とコストダウンの検討を十分に理解し対応するなら有効な手段ではあるが、不信感からの施主支給も考えると、業者側の家づくりシステムを見直す必要がないでしょうか。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/369-06ddc9ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。