家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >和風空間よどこへ行くHOME > コラム >和風空間よどこへ行く
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

和風空間よどこへ行く
b1chicken004.jpg
最近の住宅では和室のある家が少なくなってきましたよね。
これは、リビング中心の住まいが多くなり、和室は来客用などの予備空間になってきていて、住宅の面積に余裕がない場合は、削除される存在になってきているといえるでしょう。

現実に、私の家にも和室がありますが、普段はあまり利用せず来客用の空間となっています。

本来の和室ですと、床の間、真壁、柱、障子、敷居、鴨居、長押、畳、杉板天井・・・など様式が決まっていましたから、一般的な洋間よりも大幅にコストがアップする空間になります。

このようなことから、柱の見えない大壁和室、障子のない和室・・といったように、和室空間自体が 変化して、畳がしいてあれば和室というものまで多くなりました。

また、昔のような独立した和室ではなく、リビングの延長としてのインテリア和風空間なるものも多くなってきましたね。

最近は和風デザインが流行らしく、建築雑誌やネットを見ても「現代和風インテリア」といった言葉を多く見かけるようになりました。

内容は、洋間空間の一部にさいの目の畳コーナー、和風ローボード家具、座卓、和風ロールブラインド・・などで構成されています。

しかし、このような空間も和室本来持っているイメージを上手に組み合わせないとアンバランスなものになっていまいます。

先日も、お客さんとの打ち合わせで、「リビングの一部を和風空間にして、窓には障子を入れたい」という要望がありました。
和風空間といっても、畳はなく座卓とローボードの組み合わせ、コナー部の壁は和風クロスです。

私は、「柱の見えないリビング空間の一部に、障子が突然あったのではおかしいから、和風のロールブラインドにしたほうが合いますよ」といいましたが「障子がいい」の一点張りです。

しかし、気になったのか後日、雑誌をもってきて「友達にも相談したら障子はおかしいといわれました。こんなイメージのロールブラインドでお願いします」ということになり、私もホットしました。

このように、リビングコーナーなどの和風空間は、本格的な和室のイメージを取り入れるのではなく、空間全体のバランスを考えて検討する必要があります。

和風空間は「日本人の心のふるさと」ともいえるでしょう。

単に和風空間を構成するにしても、本格的な和室空間の構成を知ることが基本となりますから、雑誌やネットなどで良く研究して、センスの良い和風空間を造ってください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/379-4b16a190
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。