家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >金銭感覚が麻痺した世界HOME > コラム >金銭感覚が麻痺した世界
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

金銭感覚が麻痺した世界
GKN.jpg
家を建てた方の話で、追加工事が300万かかった、全体予算が当初より500万オーバーしたという話をよく聞きませんか?

先日もある方が「他人の話で500万オーバーした1000万オーバーだという話を聞いて、計画性のない家造りをしていると思っていたら、自分で家を建てたら1000万近く、当初の予定予算よりオーバーしてしまった。」といっていました。

では、なぜこのように予定通りに建築費が納まらないのでしょうか?

ハウスメーカーの場合、住宅建築の予算は目安とする坪単価で価格を提示するしくみ、賢く相見積もりを取って業者を決定しても、仮契約で顧客を縛り、詳細な打ち合わせで仕様えを決めていくとドンドンと予算が積み重なっていき、いざ本契約の時点では当初予算を大幅にオーバーしているパターンが多いのです。

詳細打ち合わせに入ると、各工事の内容や設備の仕様はメーカー側が準備した中での選択となります。
一般消費が通常に買い物をするように、比較検討する対象がありません。


メーカー側から「ご希望の内容ですとこれだけの予算です」「こちらに変更するとこれだけかかります」といった提示内容での比較検討になってしまいますし、仮契約をしてしまえば他者との比較もできませんから、通常の買い物のような金銭感覚とは違ってきます。

また、メーカーサイドから提示される材料や設備機器は、メーカーが常時取引することで安く購入し利益幅の上がる商品ですから、提示されたものが自分の希望に合わないといって変更し、自分で満足度を追求すると予算はドンドンと上がっていきます。

ちょっとした変更でも何万、何十万の世界、単価が安いから変更したらつもりが面積で計算したら何十万、そのつど「それですと何万?」と確認して納得しても数がたまれば何百万、安い商品を選んだつもりが施工費が意外と高い・・・といったようにそこは、「通常の金銭感覚が麻痺した世界」になっています。

メーカー側はなおさら麻痺しています。
会社の利益確保のためには、自分の財布に一万程度しかなくても、何十万、何百万という予算を提示して、いかに早く本契約、着工に結びつけるかが営業の仕事です。

そこには「大幅に予算が合わないのでしたら、別な工事内容や材料を検討しましょう。」といったような話はなく、全くメーカーペースで進行していきます。

このようなことから、仮契約時に支払った手付け金返却をあきらめて、再度、別な建築業者と交渉を始める人も現実に多くいますよ。

特にローコストを売りにしているメーカーは、安い坪単価は集客目的で営業システムは上のようなパターンが基本となっています。

注文住宅とは、間取りやデザイン、仕様の注文だけでなく、予算に合わせるのも注文住宅なのではないでしょうか?
たとえ規格品住宅の購入でも、材料、仕様を変更すれば注文住宅です。

建築士としては、提示された予算にいかに近づいた家造りをするかをいつも考え苦戦しています。
また、同じような考えの建築業者も大勢います。

目先の坪単価に振り回されることなく、家づくりをしっかり学び、賢い選択をしてください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/397-a8701b7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。