家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >照明計画(2)HOME > インテリア >照明計画(2)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

照明計画(2)
sit0005-001_s.jpg
照明計画の上で考慮しなければならない一つに、ランニングコストがあります。

主に、主照明に使用される蛍光灯、白熱灯の特徴を比較してみます。

■ 蛍光灯と白熱灯の特徴


・蛍光灯 ・購入費は高いが、ランニングコストが安い。
       ( 白熱灯の約 1/4 )
     ・頻繁に点滅すると寿命が著しく低下する。

・インバーター器具はチラツキが少なく最大20%節電

     ・同じW数なら白熱灯より明るい。
      (オフィスなど作業スペースに適す)

・白熱灯 ・購入費は安いが、ランニングコストが高い。

     ・陰影を付け、立体感を出す演出効果に適す。

     ・寿命が短い(普通電球 60W 1000時間)

同じ形状の電球型蛍光灯と白熱灯を比較すると、それぞ使用頻度で異なりますが
蛍光灯の寿命は2~3年、白熱灯であれば2年で6回ほど交換する計算になります。

下記のような使用が、それぞれの特徴を生かした方法でしょう。

・蛍光灯は、長時間使用場所(リビング、ダイニングなど)

・白熱灯は、頻繁に点灯する場所 (トイレ、廊下など)

白熱灯は蛍光灯と違い独特の雰囲気を演出しますが、あまりに多く使用すると
ランニングコストが大きくアップします。

白熱灯を蛍光灯に交換すると、同じ明るさで75%程度の省エネになります。 同じ電力なら蛍光灯の方が明るいのを覚えてください。

照明計画時は楽しくて夢中になりますが、住んでしまうと手入れを忘れがちなのが照明器具です。

照明器具が汚れていると明るさがダウンします。こまめに掃除をすると20~30%明るくなりますよ。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/40-9361faf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。