家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >現代和風とは?HOME > コラム >現代和風とは?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

現代和風とは?
jut0010-002_s.jpg
住宅の様式に「現代和風」と言う表現がよくつかわれますよね。

以前は屋根の部分に大きな荷重をかける、旧式の入母屋作りなどに対して、スッキリとした屋根形状にしたり、全体をゴテゴテとした和風様式を取り去り、和風の伝統の良い面を生かして現代生活に合うように全体をまとめた建物をいいました。

しかし、最近は少しでも「和」のテェイストが入っていれば「現代和風」になってしまうようです。

先日家づくりのブログサイトを見ていた「現代和風のイメージでリビングをまとめました」というものがあり、どのようなものか興味がありページを見てみると平面図と写真がのっていました。

平面図を見ると和室はなく、リビングを現代和風にまとめたのかと写真をみると、リビングの一部が畳コーナーとその部分の窓に障子が入っているだけ、ピカピカにワックスの塗られたフロアー合板、壁天井ビニールクロス張り、洋風のソファー、テーブルとシャンデリア風の照明器具、といった具合です。

この「現代和風」は完全に周囲から見放されて浮き上がっています。
どうやら「現代和風」は和風空間ではなく、和の断片でしか考えられなかったようですね。
「リビングに畳コーナーもつくりました」といった表現が適切だな思いがっかりしました。

以前もある町に行った時、住宅内覧会をしている所があり、「現代和風空間の家」という旗が立っていたので覗いてみました。
外部はどこにでもある一般住宅、中にはいると漆喰調の白い壁に、古い農家の梁風に塗装した柱や梁がみえます。
これじゃ「現代和風」ではなく「民芸調空間」じゃないかとうんざりした経験があります。
民芸調も伝統的和風空間ですが、過去の空間そのものをまねて現代に再現しても「現代和風」とはいわないでしょう。

ある雑誌に「和風空間が見直され現代和風住宅が流行の兆し」とでていました。
いつのまにかセキスイハウスなどのハウスメーカーも洗練された「現代和風住宅シリーズ」を始めています。

誰もがブームだからと言って、「現代和風」と表現するには伝統の和風空間を生かして現代空間とマッチした空間を造ってもらいたいものですね。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/402-41778cf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。