家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >ハウスメーカーの仮契約HOME > 住まいの情報 >ハウスメーカーの仮契約
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

ハウスメーカーの仮契約
54658.jpg
ハウスメーカーは、注文住宅の場合一般的に工務店などと違い基本プラン(設計)をつくったり見積書を出す前に仮契約を結び、手付金を10万円程度預かります。

この金額はハウスメーカーによって、異なる場合もありますが一般的には本契約に至らなかった場合は戻ってこない金額と考えた方が良いでしょう。
ハウスメーカー側は10万円の費用を預かった分、設計図の提案、概算見積もり、営業費、人件費などが発生し本契約に至らなかったときは、返却しないシステムになっています。

中には手付金は返却しますといって仮契約を結び、その後、あの手この手で本契約に結び付けようとする営業スタイルもあります。
仮契約といっても、簡単な書類がありまうからその時点で確認しましょう。

この仮契約制度を悪用している業者がいましたよ。

ある方の問い合わせで 「仮契約で手付金を150万円出し打ち合わせに入ったが、建築内容がいまいち気に入らずキャンセルを申し込んだら、手付は返却できませんといわれました、手付金を返却してもらう良い方法はないでしょうか」という内容です。


え、仮契約の手付金が150万円!・・・どう考えてもおかしいですよね。

仮契約書といっている内容を確認すると、それは本契約書の内用でした。

問い合わせた方は、「手付金としか言われなかったから、仮契約をまず結ぶのかと思ったし、話のニュアンスでは内容がまとまらない場合は手付け金は返却されると言っていたので・・・」という話。

しかし、現実は本契約書にしっかり捺印してしまったのですから、どうにもなりません。

うっかり、仮契約と思い込んで契約文書の内容をよく確認せずに捺印した本人の不注意といえますが、このように仮契約制度を悪用して、顧客を縛りつけようとする罠といえましょう。

住宅が完成するまでには、契約書、許可申請書、ローン申込書など多くの書類に捺印することになります。

仮契約だからとか、仮契約と思い込んで、書類を確認しないとこのような例もありますから注意してください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/405-b3ce084d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
始めましてこんにちわ。 ブログ始めますがまだ書くことは決まってません。 趣味日記的なものになると思います。
2009/05/14(木) 10:24:34 | こんちわブログ
安めぐみ ポロリ しちゃったよぉ 画像 & 動画 安めぐみ の私が見つけた画像 と 動画を紹介します。 みんなのお宝になるかな?動画はページの...
2009/05/14(木) 11:41:56 | 安めぐみ ポロリ しちゃったよぉ 画像 & 動画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。