家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >土地探しはどちらにHOME > 不動産の知識 >土地探しはどちらに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

土地探しはどちらに
upoi.jpg
土地を探す場合、不動産屋かハウスメーカーに依頼する場合が多いですよね。
それでは、どちらに依頼したほうがより的確なのでしょうか?

不動産屋やハウスメーカーの建築条件付の土地以外で探す場合は、直接不動産屋さんに行く事をおすすめします。

なぜかというと、ハウスメーカー営業マンに依頼しても、営業マンはお客さんの条件を聞いて該当地域の不動産屋に物件情報を問いあわせ、良い物件がなければ土地探しを依頼します。
結果、営業マンがお客さんの希望をキチンと把握して、内容が的確につたわっていないといつまでたっても希望の土地は見つけられませんよ。

それに、営業マンは自社の住宅商品を売るプロであって、住宅の知識はあっても土地に関する知識や法律は詳しくない人が多いのです。

中には建築の素人で経験がなくても、自社商品販売マニュアルを丸暗記しただけの営業マンが大勢いるのが現実です。


このような方に依頼してしまうと、とんでもない土地を紹介されてしまう場合があります。

以前もハウスメーカーに土地探しを依頼した例で、宅地に水道管が引き込まれていなかった例がありました。
この話は、営業マンに不動産屋は前面道路に水道管が入っていますという表現をしたそうです。

建築専門家なら前面道路にありますということは、宅地には入っていず宅内引き込み工事が発生すると考えますが、その営業マンは不動産屋の言葉で、「道路に水道管があるから敷地に水道は入っている」と解釈したそうです。

営業マンに紹介され土地を契約、いざ工事に入っていると水道管がない、前面道路の水道本管は歩道のある9m道路の反対側にあり、宅地までの引き込み工事に80万円ほどの見積もり額です。

建築工事はストップ、引き込み水道工事金額を土地を探したハウスメーカーが払え、払えないでしばらくモメました。

このようにハウスメーカーの営業マンなら家づくりも土地探しもプロだろうと思ったら大間違い、土地探しはどちらに頼んだら良いか迷ったら、土地のプロの不動産屋に頼みましょう。

自分の不注意や確認不足から上のような土地を契約してしまったのなら、まだ納得できるでしょうが、信頼して頼んだのに話が違うのでは納得いかないですよね。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/406-965761ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。