家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >家づくりを学ぶ意味HOME > コラム >家づくりを学ぶ意味
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

家づくりを学ぶ意味
54677.jpg

家づくりはどのような段取りで、どのように準備すればよいか誰かに教えてもらいましたか?
ブログの冒頭にも書いたように、家づくりに関しては学校でも親でも教えてくれなかったはずです。
ましてや職場などでも教えてくれず、聞こえるのは家を建てた方の経験談程度です。

「でも、建築業者を選択すればその業者がいろいろ教えてくれてくれるよ」と言う方もいるかもしれません。
しかし、業者が教えるのは自社の商品の良さと特徴など、ついでに他社商品との違いと他社の悪口。
これでは、家づくりを学ぶ前に業者に取り込まれ、自社商品のアピールで洗脳されているのと同じです。

一般に家を建てよう(買おう)とすると、展示場に行って見学し、パンフレットの収集などから始めますよね。

住宅展示場は現物が建ってますから、一般の方には建築空間を体験するには大変便利なアイテムといえましょう。

しかし、展示場は現実に建っている家とはかけ離れ、高い坪単価で構成し、見せるための客寄せ空間です。

家づくりを深く考えず、楽しみだけで漠然と見学に行き、○○ハウス、△△ホームなどが立ち並ぶ展示場空間に圧倒され、いつのまにか営業マンのトークに聞きほれ、気がついたら衝動買いで仮契約といった人も意外と多く、打ち合わせが進み本契約が近づくにつれ、他の情報に目移りしキャンセルする人もいるようです。

展示場にいく場合は、ある程度資金計画を考え、商品、メーカーの知識(構造・工法など)を付けた上で、見学することが、展示場でもいろいろと多角的な質問のでき、有意義な体験といえましょう。

また、ネット上などでは「失敗しない家づくり」といいたキャッチコピーが多く目に付きます。
よく読むと、家づくりの不安点や問題点、過去の失敗事例などであおりたて、結局は自社サイドに取り込むためのアプローチの手法です。

家づくりは本来、楽しいものではないでしょうか?・・失敗を前提に家づくりに望むこと自体、夢も楽しみもない話ですよね。

しかし、現実は契約してもいっこうに着工しなかったり、集金だけして計画倒産といった悪い事例も多く聞かれます。

このように、巷には家に関する情報や問題点が溢れていて、どれを基準に家づくりを学べばよいかさっぱりわからないといった投書をいただきました。

家づくりは資金計画、プラン打ち合わせ、見積もり、契約、建築工事・・と完成までに多くの専門的な立場の人とコミュニケーションをとって、何もない空間にマイホームを完成させる作業です。

何も全てを学んで専門知識を付けろというのではなく、契約に至るまでには何を知っておくべきか、現場が始まれば何を知っておくべきかを学び実行すればよいのです。

家づくりの工程ごとに専門家がいますから、対立するのではなく上手に専門家を利用して、事前に知識を得ることもできます。

ある程度知識をつけ、メーカー主導の家づくりではない、施主参加型の家つくりが大切と考えます。

それには自分自身の計画をしっかりと立てることが大切で、「住まい造りの迷子」でも書いたように「敵を知り己を知る」ことが良い家づくりの近道といえるでしょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/410-d782eac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。