家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >一般的地盤調査の判断HOME > 家づくりノウハウ >一般的地盤調査の判断
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

一般的地盤調査の判断
aas.jpg
現在住宅の一般的な地盤調査は、「スウェーデンサウンディング方式」で行われています。

地盤調査の部類では簡易調査に入りますが、木造住宅などは他の建築物と違い重量が軽いので一般的に採用されています。

私は以前からブログで、本格的に地盤調査をするなら土質サンプルを採取するボーリング調査でなければダメだと唱えてきましたが、大手ハウスメーカをはじめ、ほとんどのの住宅業者が値段が安く時間もかからない「スウェーデンサウンディング方式」を採用しています。

私のへの質問でも、「住宅会社からスウェーデンサウンディング方式の地盤調査で、標準の基礎でも 大丈夫ですといわれ調査データ表を渡されたが、説明があやふやで理解できません。本当にこのデーターで大丈夫なのでしょうか?」といってメールに調査データを添付してきた方がいました。




また、「どこでも採用しているスウェーデン方式を、ブログでは一方的に否定しているが、具体的な内容がないと判断できません。」とも書かれていました。

ここで、スウェーデン方式とはどのような調査をして、どのように判断するのかまとめてみます。

★ 調査ヶ所と方法
ssdu_20090523161531.jpg
一般的に敷地に対し調査箇所3ヶ所以上(標準4ヶ所程度)で調査深度10m程度が多いようです。

調査の方法は、 鉄の棒(ロッド)の先端に円錐形をねじったようなスクリューポイントを取り付け、 ロッドには、自由に上下させたり途中で固定もできる受け皿(クランプ、重さ5kg)を通し、さ らに上端には水平に取っ手(ハンドル)を取り付けておきます。

クランプに円筒形のおもり(10kgのおもり2枚と25kgのおもり3枚)を1枚ずつ静かに載 せていき、1枚載せるたびに、ロッドが下方に沈むかどうかを観察し、記録します。

全てのおもりを載せるとクランプの重さと合計して100kgになり、その時点でロッドの沈み込みがなく静止している場合には、ハンドルを回転させ、先端のスクリューポイントで土を掘りながら強制的にロッドを貫入させ、ロッドを25cm貫入させるのにハンドルを何回転させたかを記録します。



N値の判断

N値とは、地層の硬軟を示す値でボーリングする際に重さ63.5kgのハンマーを75cm落下させて試験用サンプラーを、30cm土中に打ち込むのに要する打撃回数をN値といいます。

スウェーデンサウンディング試験においては、本来のN値に準じる「換算N値」を算出すことでデーターを表示します。

軟弱地盤の判断 

「宅地防災マニュアル」(建設省建設経済局民間宅地指導室:1989)では軟弱地盤判定の目安として、地表面下10mまでの地盤に次のような土層の存在が認められる場合とされています。

1、有機質土・高有機質土(腐植土)

2、粘性土で、標準貫入試験で得られるN値が2以下あるいはスウェーデン式サウンディング試験に
  おいて100kg以下の荷重で自沈するもの(換算N値3以下)。

3、砂で、標準貫入試験で得られるN値が10以下あるいはスウェーデン式サウンディング試験に
  おいて半回転数(Nsw)が50以下のもの(換算N値5以下)。

以上がスウェーデンサウンディング方式の内容です、「宅地防災マニュアル」は一応の判断が出されていますが、土質の状態を本当に確認するには土質サンプルを採取する「ボーリング調査」方が良く、スウェーデン式サウンディング試験は、あくまでも軟弱地盤の判断の目安として「換算N値」としてしか表現できないのです。

また、調査深度は10mまでですが、仮に10mまでに十分なN値データーが出たといても、それより深い層に何十mもの軟弱粘性土の層があれば、長期的な圧密沈下も考えられます。
地盤の状況は長い歴史になかでつくられ、宅地全てが同じものはないといえます。

「長期優良住宅」が話題になっていますが、地盤調査の方法には一切触れられていません。
このような住宅こそ、見えない地盤の内部状況を十分に確認する必用があるのではないでしょうか?

二つの地盤調査の違いは簡単に言えば、人体の内蔵に問題があったときに、打診で終わらせるか、手術で確認するかの違いでしょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/412-8de0dc23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。