家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住宅ローン借り換えのコツHOME > 資金計画 >住宅ローン借り換えのコツ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住宅ローン借り換えのコツ
jkgg
住宅ローンを見直す上で借り換えは、皆さんご存知とは思いますが、単純に金利差だけに注目した借り換えが有効とは限らないのですよ。

ここ数年は低金利のローンも登場し、金利差を利用した有利な借り換えを行う例も見られました。。 しかし、最近は金利上昇の傾向が見られ、金利差だけに注目した借り換えが必ずしも有効とはいえないでしょう。

借り換えとは、現在借りているローンの残高分を、新しいローンを組んで借りたお金で一括返済することですから、前後の金利差が大きいほど、利息の負担部分が軽くなります。

ただし、借り換えには手数料がかかりますから、手数料額を上回るだけの利息軽減額があれば、借り換えをしたほうが得といえます。

しかし、借り換え先の金利のタイプに注意が必要です。 いくら金利差が大きくても、1年固定や3年固定などのローンは、借り換えには向いてないと言えるでしょう。

通常の借り換えを、金利差だけで選ぼうとすると、借り換え先のローンはほとんどが変動金利になってしまいます。

それでは、どのような方が借り換えをするのに向いているのでしょうか。

・変動金利や段階金利で借りている人
・返済期間が10年以上残っている人
・ローンの返済に余裕がない人

ただし、これらの条件はあくまでも目安であって、条件に合えば必ず借り換えが成功するわけではなく、情報収集と検討が必要ですよ。

変動金利のローンを借りている人が、長期固定金利のローンへの借り換えは、固定期間が長くなるほど当初の金利は高くなるため、借り換えたことによって、当面の毎月返済額がップするケースもでてきます。

「それじゃ手数料まで払って借り替えた意味がないじゃないの?」という声も出るかもしれませんが、現状から考えると、返済期間が長いほどそのリスクは大きく、金利の上昇に伴い返済額がアップし、結局は総返済額も増える可能性が高いのです。

これからの時代は消費税アップの声も聞こえ、以前のように年齢とともに給料アップが保証されませんし、子どものいる家庭では、成長と伴に教育費の負担も大きくなっていきます。
社会保険料は段階的にアップすることが決まり、手取りの収入はマイナス傾向にあります。
このような傾向の中で、金利上昇による住宅ローンの負担までアップしては、家計にとって大きなダメージといえるでしょう。

逆に借り換えを見送った方がよい人はというと、

・数年後にまとまったお金(退職金など)が入る予定があり、一括返済できそうな人 。
・現在、長期固定金利を3%台で借りている人 。
・借り換え先のローンを5年未満の固定金利で検討している人 。

借り換えにも審査があり通らない場合もあります。
審査の際には、借り換え前のローンが毎月滞りなく返済されているかも確認されますから、借り換えを検討している人はうっかり残高が足りなかったということのないように注意しましょう。
また、担保割れになっている場合に、どうしても借り換えたいなら、まとまった一時金を入れて、残高を減らす必要があります。

また、転職と住宅ローンの借り換えを同じ時期に考えている人は、転職後3年間はローンの審査も厳しくなります。

借り換え成功のコツは、金利差のみにこだわらず、まずは金利タイプを見極め、そのうえで、少しでも金利の安い借り換え先を探しましょう。
各金融機関とも特徴ある金利キャンペーン金利を設定していたりしますから、注意して探せば長期の固定ローンでも、比較的低い金利のものが見つかるでしょう。

しっかり計画を立て、賢く借り換えをして下さい。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/413-c2452862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。