家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住宅営業戦略のカラクリHOME > 家づくりノウハウ >住宅営業戦略のカラクリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住宅営業戦略のカラクリ
2_jupiter00726_90x90_20080420114412.jpg
住宅の営業戦略には様々な手法が展開されています。

そこには「いかに集客するか」という考えが基本となっていて、大手メーカーほど大きな企画で展開さ れていますよ。では、一体その内容はどのようなもになっているのでしょう。

住宅展示場を格安で・

「大手メーカーの住宅展示場を500万で販売」このようなチラシを見たことはありませんか?
会場には、チラシにつられ多くの人が集まります。
しかし、よく考えると住宅展示場は50~70坪程度の規模が多く、それに見合う土地を持ってなけれ ばいけません。

また、敷地の形状と建物の向きを考えると、実際に自分の敷地に建てられる方はほんの一握りで、展示場の大きさを考えれば、実際に家が建つ土地は80~100坪程度必用なのです。
この企画は土地を持つ優良顧客を集客する手法なのです。

限定一棟割引価格で販売

チラシに住宅一棟を750万円や980万円で販売というのを見かけたことがありませんか?
大変に魅力的な企画ですよね。

「980万で大手メーカーの家が建つなら、はずれて元々、おもしろいから行ってみるか」という人であふれる抽選会に参加、抽選するには、所有の土地や住所などのリストを提出します。

当然一名以外ははずれですよね。
そこがメーカーの狙いどころ、「はずれた方でも本日ご来場くださった方には、特別に10%の割引をいたします。」実際は10%割引客を見込んだ企画なのです。

例えば価格2000万円の家を980万円で販売しても原価は1300万円程度、限定1棟の住宅は取 引業者に通常よりも安く材料の提供や工事をさせれば、営業経費もかからずメーカーも大きな損失は出ません。

それどころか、会場に集まった人は家を買う気があり、土地を持っている人がほとんど、それだけ優良 な見込み客が向こうから一同に集まっているのです。
営業マンにとっては、一軒ごとにチラシをポストに入れることを考えれば、「宝の山」です。

「家が欲しい」と熱気ムンムンの場所で、冷静に良い家かどうかを検討するのは難しいでしょう。

住宅セミナー

新聞社やマスコミ関連の住宅セミナーも多く開かれていますよね。
表立って住宅メーカーの名前がなくても、メーカー協賛で住宅の相談相手はメーカーの営業マンという のも結構多いのです。

当然協賛しているメーカーが売りやすい情報提供になってきます。
新聞社主催といっても建築の専門家がいるわけでありませんから、このようなシステムになっているのが多いのです。
住宅セミナーは住宅を基本から学ぼうという狙いで集客しますが、セミナーの内容を鵜呑みにせず、 「行き着く先はどこか」といった多角的な視野で情報収集が必要でしょう。

今回は住宅メーカーが主として行っているキャンペーンを取り上げてみました。
何も、上のようなキャンペーンに参加するのが悪いわけではありません。
家を建てるには多額の金額が必要ですから、魅力あるキャンペーにはつい目がいってしまうのは当然でしょう。
ただし、キャンペーンに参加するには、上のような内容を理解した上で参加するようにしたください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/418-e5970820
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。