家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住まいの収納(2)HOME > 家づくりノウハウ >住まいの収納(2)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住まいの収納(2)
b13architecture_exteriors019.jpg
今日は家を建ててからの収納術の話ですが、収納のしかたは、各家庭、個人によって千差万別ですよね。

これといった結論じみた話はできないので、基本的なこと、問題事例などを記述します。

■ 基本的な考え


1、日常の生活を最優先にした収納術

  「衣・食・住」などの区別

2、季節に応じた区別

3、家族のライフスタイルに合わせた収納

4、子供の成長を考慮する。

5、不必要な物の整理

毎日、家事に追われ、収納と格闘している主婦にとっては、いまさら言われなくても「当たり前」な話でしたね。

■ 問題事例

1、設計時に、ニッチ、アルコーブなどの壁面飾り収納を、造りすぎて生活してから、
  細部の掃除に多くの時間がかかる。
  (ニッチなどは、毎日見える場所です。ポイントを絞りましょう)

2、システムキッチンの機種にばかり気が向いてしまい、食材の収納場所がない。

3、対面キッチンにしたが、食器戸棚と吊り戸棚に挟まれた厨房部分が暗く、日中から照明を
  点灯している。

4、キッチン吊り戸棚が高すぎて、一度収納するとほとんど使用しない。

5、キッチン床下収納庫に収納物を入れすぎ、床がきしんだり扉開閉部が開きずらくなった。

6、廊下部分に収納を造りすぎ、窓がないので暗く、通気が悪い。

7、天井収納に重いものを載せすぎ、天井がダレてきた。
  (積載量を再検討する)

8、納戸の中棚に重い物を載せすぎ、棚板がダレてきた。
  (補強が必要です)

9、収納部の枕棚や天袋の天井が低く、物が入らない。

収納に関する問題事例はほかにも数多くあります。

特に「PL法」が出来てから、吊り戸棚などの収納商品には最大積載量が表示されていますので、注意してください。

hana34_90x90.jpg■ 収納術考

最近の収納関係の雑誌を見ると「これでもか」というくらい、
細部まで詳細に整理した収納術の紹介が出ていますよね。

私も参考になる収納スペースは大いに取り入れています。

でも、あまりに細かい収納は、私には「収納品以前に収納部あり」みたいな感がします。

収納特集雑誌を見せられて、「このように作ってほしい」という要望がありますが、まず自分の家庭の収納品を見直し、新生活でのライフワークを検討してからどこまで必要か考えましょう。

なにも雑誌にすばらしい収納スペースがのっていても、生活に合った収納でなければなりません。

収納スペースに合わせて収納物が増えていくのも考えものでしょう。

  



関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/42-6f75b765
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。