家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住宅ローン破綻急増!HOME > 住まいの情報 >住宅ローン破綻急増!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住宅ローン破綻急増!
ccpp.jpg
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の調査で、08年度に競売にかけた住宅は記録のある02年度以降で最多となり東京、大阪、名古屋の各地裁の競売件数も急増しているそうです。

現在の不況のため住宅ローンの返済に行き詰まり、マイホームを競売で失う人が増えているのが現状です。

また、今年の夏のボーナス大幅カットやボーナスなしにより、ローン破綻が続出するのではないかと、「6月危機説」もささやかれています。

住宅金融支援機構の調べでは、08年度の競売件数は、前年度より35%多い1万6577件で、とくに昨秋から競売件数は急増し、今年3月には昨年9月の約2倍の1830件になったそうです。
不況で収入が大きく減ったり、勤務先の倒産で失業したりした人が多くなったことを裏づけます。



住宅金融公庫の業務を07年4月に引き継いだ同機構は、国内の住宅ローン残高(約180兆円)のうち2割を占めていますが、一時的に返済額を軽減するなどの特例措置を実施しているが、それでも景気悪化で救済されない借り手が増えているそうです。

国内の住宅ローンの2割を占める住宅金融公庫のデーターですから、全体を考えると大変な数の方が住宅ローンの破綻状況にあると考えられます。

また、競売は民間で売却先が見つからない場合の最後の手段ですから、データーに現れない数字を考えると大変な状況にあると言えましょう。

景気の急速な悪化や地価下落により、担保不動産の価値が下落すれば、金融機関は少しでも多くの資金を回収しようとして、競売処分を急ぐのも原因と考えられ、競売物件の落札価格が低下し、これが地価下落にも波及して景気の足を引っ張るという悪循環に陥って、競売処分がさらに増加するのは確実といわれています。

逆に、このような競売物件を安く買い叩き、リホームして販売する動きも業界に見られます。

これから住宅ローンを利用する方は、金利が安いといっても経済の先行きが見えませんから、決してむりな計画は立てないようにしましょう。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/422-2c7fa4c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。