家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >高気密・高断熱HOME > 家づくりノウハウ >高気密・高断熱
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

高気密・高断熱
b13architecture_interiors001.jpg高気密・高断熱住宅、近頃、住宅雑誌、チラシ、パンフレットなどで目に付きますよね。

高気密・高断熱とは、夏涼しく冬暖かい快適な室内環境を目指し、
単にエネルギー節約だけでなく、健康で快適な生活環境を目的としてます。

高気密・高断熱住宅は、建物性能(断熱・気密・換気・防湿)を基準値まで高めそれぞれが、十分に計画され効果が発揮されなければなりません。

建物の特質を良く理解しないで、上記性能の一つでも不完全なものであれば、内部結露発生の原因となり、耐久性の面で逆効果にもなります。


■ 利点

1、省エネ効果

  少しの熱源(冷暖房機器)で効果を発揮する。

2、結露防止

  建物全体の温度差が少ないので結露防止に良い

3、耐久性の向上

  結露の発生を抑える効果により耐久性能が向上される。

4、断熱効果の向上

  断熱材+気密シート+気密テープなどの施工で断熱効果が向上する。

5、ヒートショックの防止

  「ヒートショック」とは、暖かい部屋から寒い部屋に移動したときに、
  急激に血管が収縮して人体に影響(脳溢血など)を及ぼすこと。

■ 問題点

現在多くの方が高気密・高断熱住宅を求め生活していますが、換気計画が不十分であったりして、問題化している例もあります。

建築工事には多くの職種の業者が入ります。
管理者はもちろん、全ての業者が高気密・高断熱住宅の施工を理解していないといけません。
一箇所でも高気密・高断熱工事に欠陥があれば、そこに結露などが集中します。

「高気密・高断熱住宅には100点か0点しかありません。」

また、住まわれる方の生活環境によっても効果は変化します。

■ 問題事例

1、共稼ぎ家庭で日中サッシを締切、日当たりが良いので
  夏期に室内温度が異常に高くなり、基本換気計画では
  足りず夜暑くて寝られない。

2、冬期に、赤ん坊がいるので風邪をひかないよう、室内の湿度を高くしすぎて結露が発生した。

3、フローアーに布団を敷いて寝ていたら、寝汗をかく体質により床材の面がカビて変色してきた。

4、冬期に換気計画により外気が入ると寒いので、運転を停止していたら、台所から発生する
  蒸気で食器棚の裏壁が結露していた

5、高断熱・高気密が売り物のマンションに入居したが、換気設備が不十分などでカビ、
  ダニが発生した。

このように施工者、入居者双方が、高気密・高断熱住宅の特質を良く理解しないと何もなりません。

外部熱環境を調整しても、内部で家事や、人体から発生する湿温度なども考慮しなければなりません。

何度も言いますが、高気密・高断熱の目的は健康で快適な住環境です。

昔の日本の住まいは本来、高温多湿な夏期を旨として計画されてきました。
外部空間と内部空間の接点として深い庇や濡れ縁、障子などが有り自然との融和をはかってきました。

高気密・高断熱住宅が、ハウスメーカーの規格品では全国一律に出回っています。

私は寒暖差の大きい地方には高気密・高断熱住宅はお薦めですが、一般の地域では「窓を開ければただの家」になってしまう高気密・高断熱住宅よりは、地域の自然と調和した高気密・高断熱(健康で快適な住環境)を設計時点で検討するのが良いのではないかと思っております。

  







    
関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/43-4ddf6cd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。