家を建てる


家を建てる時に必要なノウハウと、

営業、設計、現場など業界の情報を一挙公開!

ブログ内検索






HOME > スポンサー広告 >住まいの空間演出法(3)HOME > 住宅設計 >住まいの空間演出法(3)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

住まいの空間演出法(3)
EH001.jpg
住まいの空間を演出するには、吹き抜け、リビング階段といったような構造体で構成するほかに、 ニッチ、アルコーブ、などのように壁に窪みを設け装飾することで空間演出ができます。

また、和風空間や照明効果、草花緑化などを上手に応用することによっても演出効果がうまれます。

■ ニッチ、アルコーブ

ニッチとは壁面に設ける小さな窪みや穴のことをいい、一般的には四角に壁をくりぬいて、ちいさなオブジェを置きます。

これに対しアルコーブとは廊下など壁面の一部を少し後退させて作る窪みや空間のことをいいニッチに比べ大きめな空間をいいます。

どちらも単調になりがちな壁面や空間に変化を与え空間には効果がありますが、ワンポイント効果を考え、やたらと多くするとうるさくなりがちですよ。

ニッチやアルコーブは耐力壁がくるところには設置するのが難しいので注意してください。

■ 和風空間

和風空間はここでは伝統の和室空間と違って、現代空間の中に和風を取り入れた空間として考えてください。
最近はリビングの中に、コーナー畳空間などもよく見られるようになりました。
特に縁なし畳(サイの目)がトレンドになっているようですが、縁なし畳は畳表が強靭な琉球表を使用するのが正式で、一般の畳に比べ倍以上の価格となります。

他にも、障子や襖、和風壁紙、和紙、腰板、などに和風家具や照明などを上手に組み合わせるとより演出効果が発揮されます。

和風空間の演出は伝統の尺貫法の寸法でをまとめ、視線を座った位置にするのが基本です。

■ 照明効果

照明はただ明るいだけではダメで、照明によって生まれる光と影を上手に応用することによって演出効果が生まれます。

また、主照明と補助照明のバランスも大切で、ダウンライト、スポットライト、ブラケット(壁掛け)ライト、など多くの種類の補助照明があります。

このような照明をどのように応用したら照明効果が上手に発揮できるかは、建築雑誌や照明関連雑誌、住宅展示場などが参考になります。

ただ空間や写真を漠然と眺めるのではなく、照明がどのような効果を発揮しているのかを考え見ることによって、照明器具選択の目が養われます。

■ 草花緑化

単調になりがちな日常空間に自然の緑が入ることで、空間に安らぎと変化が生まれます。
鉢植えの草花、観葉植物、ドライフラワーなど前述のニッチやアルコーブに飾るのも良いですし、高いところから、蔦系の観葉植物をたらすのも面白い効果が生まれます。
自然の草花緑化によって、潤いのある生活空間が演出できます。

このように、住まいの空間を演出には様々の方法がありますので、あなたのライフスタイルに合わせて検討してください。

  





関連記事

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

 はてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
     
住まい||住宅|不動産|予算

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidetyonbo.blog89.fc2.com/tb.php/430-22a7e186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。